子育て

「いざ!」というときに限って子どもが体調を崩すんですけど!

いざという時に子どもが決まって風邪をひく

今日から新しいことを始めようと思っていました。

今年収穫したお米の準備が整ったので、ネット販売を開始しようと思っていたのです。

ですが、娘が風邪を引きました……orz

いえ。風邪気味なのは昨日からでした。なので、妻が小児科へ連れて行ってくれました。

けれど、今朝起きたら、昨日よりひどくなっていたんです(T-T)

まあ、“子育てあるある”なのですが、「よし!今日からやるぞ!」と思っていたタイミングで来られると、やっぱかなりショックです。

自分の気持ちや行動に、急ブレーキがかかったような状態になりますから……。

というか、今までもこういうケースが多かったんですよね。

  • 「明日から出張だ!」というときに、子どもの体調が悪くなったり
  • 「大事な仕事が控えてるから、この一週間頑張ろう!」というときに、足をケガしてしまったり
  • 足のケガだけなら良かったものの、骨にヒビが入ってる恐れがあるからギプスをはめて、幼稚園へ行けなくなってしまったり

「なんでこんな時に?!」

というときに、決まって子どもが体調を崩したりケガしたりします。

しかも、そういう時に限って、妻に仕事や用事があって、僕が子どもを見ないといけないという……。

「おのれ、タイミング見計らっとんのか?!」
「オレに恨みでもあるんか?!」

と思ってしまうくらいですが、彼女に悪意はないので、ここは受け止めるしかありません。

というか、一番しんどいのは、風邪を引いたりケガをしてしまった子ども自身なわけで、そこに文句をいうのはお門違いです。

しかも、腹を立てたり恨んだりするのは、親としてダメダメですよね( ̄▽ ̄;;

「自分って、ぜんぜん人間ができてないなぁ」

と、こういう出来事のたびに思います。

そう、そうなんです。

親が「今日は頑張るぞ!」「これからやるぞ!」「いざ!」というときに、子どもが体調を壊したりケガしたりするのは、親に対するサインやメッセージだと思うんですよね。

  • 自分って、本当に大丈夫?
  • ちゃんと大切なことに向き合えてる?
  • きちんと仕事や用事に誠実になれてる?
  • それって、あなたの本当にやるべきこと?
  • というか、あなたこそ体調は大丈夫?

という感じで。

実際、今日も子どもを寝かしつけるために午前中いっしょに布団に入ったのですが、僕も咳が出てしまったり体のダルさを感じたりしました。

「あ。この子だけじゃなくて、僕も体調が良くなかったんだ!」

ということに気づけたのです。

なので、朝は子どもと一緒に1時間ほど寝て、体を休ませることにしました。

もちろん今日から予定していたこともあったのですが、思い切って休んだり、計画や仕事を丁寧に見直そうと思っています。

子どもの体調不良は、親とリンクしていて、大切なサインやメッセージかもしれないですから。

根拠は全く無いですが、今までの出来事を振り返っても、子どもが体調を崩したりケガをしたりすることで、実は良い流れになっているような気がするので、今回もしっかり受けとめたいと思います。

というか、そもそも こういう子どもの風邪ってコントロールできるものではないですからね(^^;;
(かからないように、子どもの生活習慣をサポートする努力はできますが)

そんなこんなで、子どものことをしっかりと見つめて、できるだけの看病をして、その中で自分の仕事に関してもできる限りのことをしたいと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください