メンタルマネジメント

妻と娘が家に居なくても平気!寂しくない!もう慣れた!……のか?

妻と娘が居ないのに慣れた!のか?

妻と娘が家から出ていきました。

あ。でも、ケンカしたわけじゃありません。

単純に、妻の実家に帰省しただけです。

って、このパターン、何度ブログに書いてきたことだろうかっ?!

と思うくらい、もはや慣れっこでございます。

妻と娘がいないのは慣れっこでございます。

以前は、「妻がいなくて寂しい」と思うこともありました。

妻がいなくて寂しいのでウザいくらいに君が好きだと叫びたい!
妻が家にいなくて寂しいのでウザいくらいに君が好きだと叫びたい!さびしい、です。 昨日、妻が家を出ていきました。 あ。でも、ケンカしたわけではなくて、仕事です。 妻は海外旅行の添乗員...

およそ9ヶ月前の記事でありますが、この頃から感覚が完全に書き換わっております。

「なるほどー。人間って変化する生き物なんだなー」と思います。

んでもって、この変化を起こした原因は“慣れ”です。

最初は「イヤだー」「体験したくないー」「こわいー」と思っていたことでも、それが強制的に続くと何ともなくなってしまうんですね。

いえ。妻と娘がいないのは、今でも少しツライです。寂しい気持ちも、微かにあるような気がします。

けれど、そのツラさに耐えられるようになるというか、寂しくても「あー。またこれかー」と冷静に捉えられるというか。

そのネガティブな感情に慣れてくるわけです。

そしたら、もともとは嫌な出来事や状況であったとしても、なんかどうとも思わなくなって、そこで落ち込んだり悲しんだりすることなく、淡々と過ごせるようになります

そういえば、最近も似たような現象が起こりました。

注文した机がなかなか来ないのでモヤモヤ
ネットショッピングから学んだ『引き寄せの法則』を活かす秘訣『引き寄せの法則』のコツを、ネットショッピングする中で気づきました。 先月から部屋の整理整頓を進めていて、新しい机をネットで注文し...

つい3日ほど前の記事ですが、この中で「ネットで机を注文したのに、2週間以上待たさされているからイライラ&モヤモヤする」ということを書きました。

欲しい机を注文したのに、それが手元にない現実がツラかったし、「早く届いて欲しい」という焦燥感で感情がかなり揺れ動いていました。

なので、「この机がいざ届くとなったら、どれだけ嬉しいだろうか!」と思っていました。

で。その机が明日いよいよ届くのですが・・・

「へぇーーーー」

みたいな気持ちになっております。

「ふーーーーん」

みたいな気持ちになっております。

「そっかー」
「そうなんだー」

という淡々としたテンションで、「明日お届け予定です!」というネットショップからのメールに反応しておりました。

「てめー。半月前に『お届け予定は○月○日です』ってゆう淡々としたメールを送りつけて それきりだったくせに、直前になって そんな意気込んだメール送ってくんなよ!」

という、ちょっとした腹立ちというか理不尽な感情は起こったのですが、基本的に“机が届くこと”に関しては、自分でもビックリするくらいクールに捉えております。

おそらく「なかなか届かない!」というイライラやモヤモヤに慣れすぎて、そこに感情の起伏が無くなったちゃったんでしょうね。

なんかこう、自分がロボットになったような感覚です。

そうそう。だから、妻と娘がいなくても淡々としていられるのは、僕が感情の起伏を失って、ロボット化してからなのです。

そうなんです。

人間、みんなロボットみたいになればいいのです。

そうすれば、感情の起伏がなくなって、誰かにイラつくこともないし、ケンカになることもないし、余計な欲望もなくなるから他人から奪い合うこともなくなります。

そう。人が感情や希望、自分のやりたいことや欲しいものを失ってロボット化すれば、世の中は平和になる!!

明日への希望がなくなれば、世界は平和になる!!

だから・・・

明日への希望よ、消えろ!
発注!オシマイダーーーーーー!!

ということです。

元ネタわからない方、すみませんn(_ _)m 「オシマイダー」というのは、2018年のプリキュアに出てくる敵モンスターのことで、ネガティブな感情から発せられるエネルギー『トゲパワワ』を源にして生まれます。

ん?
ということは……?

今の僕にはトゲパワワが出ているということでしょうか?

ネガティブな感情が、いつの間にか蓄積しまくっていたということでしょうか?

「ネガティブな感情に慣れた」というのは、自分自身がネガティブに染まりすぎて、落ち込みすぎて、その状態が当たり前になっていたということでしょうか?

……アカン。
あきません!

それは“慣れた”わけでも、強くなったわけでも、全然なくって

「落ち込みすぎて鈍感になっている」ということではないですか!

本当は、寂しさやツラさや苦しさを感じているにも関わらず、寂しくないフリや悲しくないフリをして、真の感情から目を背けているということではないですか!

たしかにその方が楽かもしれない。苦しくないかもしれない。

けれど、

それだと楽しさも喜びも嬉しさも幸せも感じられなくなってしまいます!

心が鈍感になって、ポジティブな感情も感じられなくなってしまうから。

……というわけで、

わたし、素直になります!!

妻と娘が家にいなくて寂しいーー!
早く帰ってきてぇーーー!!
机、届くの嬉しいーーーー!
めっちゃ楽しみにしてたーーー!!

と、こんな風に叫んだところで、まとめます。

鈍感になるのも今の時代を生きるのに必要かもしれない。
けれど、素直な気持ちをやっぱり大切にしたい!

そんなことを学びながら、妻と娘の留守を守る日々です。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください