夫婦関係

男は寂しいと死んじゃうんだよ!まるでウサギのようなんだよ!

限界がやって来ました。

もう寂しすぎて死にそうです。

「ウサギは寂しいと死んじゃうんだよ」と言われますが、僕も寂しいと死にます。

妻と娘が家を離れて一週間を過ぎました。

妻と娘が居ないのに慣れた!のか?
妻と娘が家に居なくても平気!寂しくない!もう慣れた!……のか?妻と娘が家から出ていきました。 あ。でも、ケンカしたわけじゃありません。 単純に、妻の実家に帰省しただけです。 って、...

↑こちらの記事には「妻と娘が居なくても平気!」「もう慣れた!」と書きましたが(でも、最後には「やっぱり寂しい」という結論に……)、やっぱり全然ダメでした(T-T)

妻は海外出張によく行くので、妻が家に居ないことは“当たり前”のようなもので、そこに娘が加わって出ていったとしても大丈夫だろうと思っていたのですが……

長い期間になると、やっぱりツライ(T-T)

なんとなくですが、“一週間”が一つの節目のような気がします。

一週間を超えると、一気に孤独感が増して、気分や行動力がガクンと下がります。

エネルギーが枯渇したような状態になります。

僕がお世話になっている人によると、「男という生き物は、女性からしかエネルギーをもらえない」のだそうです。

あ。ここで言う“エネルギー”というのは、食べ物のカロリーとかガソリンとかの燃料ではなくて、人間の中にある「やる気」とか「モチベーション」とか「行動力」とかを指します。

んで、その人曰く

  • 女性は誰かからエネルギーをもらわなくても、自分で補給することが出来る
    (好きなことや気分の上がることをすれば、自家発電できる)
  • 一方、男性はエネルギーを自家発電することができず、女性からしかもらえない
    (自分の趣味や好きなことで多少は補給できるけど、愛する女性に褒めてもらったり優しくしてもらったりXXXすることによってエネルギーが充填される)

のだそうです。

全てに当てはまるわけではないし個人差もあるでしょうけれど、個人的には「合ってるなぁ」と思います。

僕も、妻が海外出張に行く仕事を始めた当初は、やっぱりすごくツラかったので(^^;;

でも、そこから自分自身を見つめ直したり、妻が居なくても出来ることを頑張ったり、を繰り返すことで慣れて、妻が居なくても日常を過ごせるようになってきました。

今回も、妻と娘がふたりとも居なくても、一週間を乗り切ることができました。

・・・が、

一週間という期間を過ぎると、一気にドドドッと孤独感や疲労感が襲ってきて、なんかもうダメダメになっています。

妻に会えない期間が続いてダメになった男の話

なんかもう、↑こんな感じです。

ここに至るまでの流れをまとめると……

  • 一週間前に妻と娘が旅立って
  • “エネルギーの供給源”が無くなって
  • それでも、今までの経験で培った経験と能力でなんとかして
  • 充電分のエネルギーと少量の自家発電でやりくりしてきて
  • けど、一週間が過ぎると充電が完全に切れて
  • もはや自家発電するための気力も体力もなく
  • 電源が切れて、完全に屍(しかばね)

になってしまったのでした。
(ちなみに、ブログを書くことは自分にとって“自家発電”の一つなので、今日も何とか書けております!)

「一週間以上はツライ! マジ苦行!」

ということを身にしみて感じておりますが、同時に妻と娘の存在の有り難さも感じています。

本当に「いつも一緒に居てくれるのがありがたいなー(T^T)」と。

明日には妻と娘が帰ってくるそうなので、この孤独と苦行と共に、存在の有り難さを噛み締めながら、明日までを乗り越えたいと思います。

あなたも、大切な人と過ごす時間を大切にできますように!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください