夫婦関係

夫婦で仲良く家電を買うには?自分の思い込みを捨てて話し合おう!

妻と仲良く家電を選ぶには?

今日、我が家に新しい冷蔵庫がやって来ました。

以前から使っていた冷蔵庫が、3日ほど前 突如 調子が悪くなり、電器屋さんで急きょ購入したのでした。

しかも、今日は大晦日。こんな年の瀬に配送して下さった電器屋さんには、頭が下がるばかりです。

そしてそして、今回の何よりの収穫は、妻がとっても喜んでいること

今日キッチンに設置されたばかりの冷蔵庫を見ては、「うふふふふふふふ〜♪」と上機嫌で、開けたり閉めたり、さすったり眺めたりしています(* ̄▽ ̄*)

「急きょ購入した」とは言っても、電器屋さんを数軒見て回り、夫婦できちんと話し合って「コレ!」というものを選んだのでした。

こういう家電の買い物って、夫婦で話し合うってすごく大事だと思います。

そんなわけで、今回の経験も踏まえて、夫婦で家電を買うときのポイントを書いていきます(^-^)

自分の思い込みを捨てる

夫婦で仲良く家電を買うときの最大のポイント。それは……

「こういう基準で選ぶのが良いに決まってる!」という思い込みを捨てること

です。

実は僕は、以前にこのポイントを外して大失敗したことがありました。

そのときは石油ファンヒーターを買ったのですが、自分の目で見たら「我が家にはこの機種が絶対イイ!」というものを選んだのです。

  • 予算内に収まっていて、コストパフォーマンスがいい
  • 銀色で誰にも不快な想いをさせない落ち着いた色
  • 機能もそこそこ豊富で、きちんと暖まる可能性が高い

という風に、合理的に考えてどこの不足もない製品を購入したのです。

ですが、妻には不評でした……orz

自分だけの思い込みで購入して失敗!

妻は普段から怒りを表に出すタイプではありません。なので、そのときも怒ったりはしませんでした。

けれど、僕が買ってきたファンヒーターを見る表情があまりに暗く、話を聞いていくと「このファンヒーターは嫌だ」というのです。

「なんで? どこも問題ないやん!」
「金額的にも機能的にも十分やろ?」
「合理的に考えたら、この機種しかないやん!」

と主張する僕に対し、妻は答えました。

「色がピンとこない」

……と。

そしてもう一つ。彼女にとってもっと重大だったのが、

「一人で勝手に決められたのがイヤだ」

ということでした。

妻の感覚や主張が全く理解できない

「はぁ? 色?」と最初は思ってしまいました。

だって、色なんてファンヒーターと余り関係がありません。

ファンヒーターというものは部屋を暖める機械なのであって、その効果を発揮すれば色なんてどうだっていいはずです。

そんなことよりも、

  • どれだけ効率的に暖まるのか?
  • エネルギー消費や暖まる広さはどれくらいなのか?
  • タイマー機能やエコ機能などはあるか?
  • 灯油は補給しやすいのか?
  • そのために値段はどうなのか?

のほうがもっと重要です。

そういった合理性を満たしてこそ、“良いファンヒーター”と言えるのですから。

それに、「一人で買ってきたのがイヤ」という意味もわかりません

どちら一人が良い製品を見つけたのであれば、一人で買って帰って来ればいいだけです。その方が二人でお店へ行く手間を省けて効率的ですから。

いちいち二人で話し合って購入を決めていたら、時間ばかりが過ぎていきます。

それこそ時間と労力のムダで、コスタパフォーマンスが落ちてしまいます。

ですので、「色がイヤ」「一人で選ばれたのがイヤ」という妻の感覚や主張が全く理解できなかったのです。

家電選びの失敗から学んだこと

ですが、妻の落ち込みようは僕の想像以上でした。

かなり機嫌を損ねてしまったようで、話もロクにしてくれなくなりました。

なので、僕は観念して、ファンヒーターを妻と二人で選び直すことにしたのです。

自分一人で買ったファンヒーターは、購入した電器屋さんに頭を下げて返品したうえで……。
(まだ使用前だったので、電器屋さんは快く引き取って返金してくれました。以来、僕は その電器屋さんのファンです☆)

そして、この苦い経験から僕は学びました。

  • 妻は見た目や色など、機能面以外のことをとても大切にしている
  • 仮に合理的に良いものだったとしても、感覚的にピンと来ないものは買いたくない
  • そして何より、「購入すること」そのものではなく「購入するまでの過程」を重要視している
  • だから、家電を買う場合は、しっかりと夫婦で話し合ったり一緒に売り場を見に行って買いたい

ということを。

これは、僕の感覚や視点には全くないもので、

「え? こんなところが大事なの?!」
「自分ではぜんぜん気にしない部分が、妻にとっては重要なのか!」

と気付いたのでした。

だから、それまでの僕が抱いていた「こういう基準で買えば良いに決まってる!」という思い込みを捨てることにしたのです。

今回は夫婦で話し合って決めました

そこからは、家電など家庭全体に関わる買い物は、きちんと妻と話をしながら決めるようにしています。

そして、自分の中にある「これが良いに決まってる!」という思い込みに縛られない努力をしています。

もちろん、「僕はこれが良いと思う」「こういう選び方をするのが好き」ということは伝えます。ですが、それ以上に妻の感覚や考え方を大事にするようになったんです。

ですから、今回の冷蔵庫も、電器屋さんの売り場へ二人で足を運んで、夫婦で話し合いながら購入を決めました

この“二人で話し合う”というのが何よりのポイントだと思います。

超絶にシンプルですが、意識していないと通り過ぎてしまうことが多いですから(^^;;

妻の感覚と基準はやっぱり意外だった!

ちなみに、今回の冷蔵庫選びにあたって、妻が「これが良い!」と言ったのはコチラ↓

妻が選んだ冷蔵庫

一方で、僕が「いいな」と思った冷蔵庫はコチラ↓

夫が「いいな」と思った冷蔵庫

「どこが違うねん?」と思われるかもしれませんが、それもそのはず、この2つは同一メーカーのほぼ同じモデル。実は年式が違うだけなんです。

なので、「あ。値段が違う」と気づかれたかもしれません。

そうなんです。妻が選んだのは 一年くらい前の古いモデルで、しかも展示品限りだったので、かなり安くなっていました。

ですが、「古いタイプで展示品だと故障しやすいのでは?」と考えた僕は、2つ目の新しい冷蔵庫が良いと思いました。

たとえ高価になったとしても、新しいほうがメーカーの改善がされているだろうし、展示品よりも丁寧に扱われている可能性が高いからです。

なので、そのことを妻に話しました。

ですが、妻の表情は「うーーーーん」という感じ。

「あれ?なんで新しいのがイヤなのかな?」
「値段が高くなることに躊躇しているのかな?」

と思い、彼女に理由を聞いてみたところ、意外な答えが返って来ました。

それは、

「取っ手の色が違う」

というもの。

この答えに僕はビックリで、「え?そんなん気づきもせーへんかった!」となりました。

ですが、よく見てみるとたしかに……

たしかに取っ手の色が違います1

取っ手の色が、旧モデルは白なのに、新モデルは銀なのです。

そして妻いわく

「全体が白色で統一されているのがイイーー!」

とのこと。

僕の感覚では「そんなのどうだってええやん?!」「そんなの選ぶ基準じゃないやん!」となったのですが、以前の反省を踏まえて、妻の意見をしっかりと聞きました。

そして、よくよく聞いていくと

「要するに、あの展示品に一目惚れやったんよね?」

ということになり、値段や年式や機能性などなどではなく、

「今ここにある、この冷蔵庫がいい!」

という気持ちが妻の中にあることがわかったのです。

というわけで、

  • 取っ手が白くて
  • 年式が古くて
  • 展示品処分で安くなっていて
  • けど、そんなことはどうだってよくて
  • 「この子がイイ!」と妻が惚れた

この世で一つ限りの冷蔵庫さんを購入したのでした。

夫婦で仲良く家電を買うポイント

って、冷蔵庫のエピソードが長くなってしまいましたが、改めてポイントを整理すると

夫婦で仲良く家電を買うには?
  • たとえ夫婦であったとしても、感覚や視点が全く違うことがある
    (むしろ夫婦だからこそ違うのかも)
  • だから、家電を選ぶときは、どちらか一人の感覚や判断だけで決めない
  • 特に、人によっては「家電を選ぶ過程」や「二人の話し合い」を重視することがある
  • 家電は今後の家庭生活に関わることなので、しっかり二人で話し合って決める
  • その際には、「こういう基準が良いに決まってる!」という思い込みを手放すことが大事

となります。

我が家の経験によって導かれた結論ですが、ご参考になれば幸いです(^-^)

あなたもご家族で楽しく家電選びができますように!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください