ライフスタイル

新年の目標は「始めること」よりも「やめること」から決めよう!

新年の目標は「始めること」よりも「やめること」から!

元旦に目覚めたとき、一番最初に思ったのは

「あ。今の仕事やめよう」

ということでした。

「新年」「年明け」というと、“新しいことを始める”というイメージがあります。

ですが、何かをスタートしたり新しいことにチャレンジするためには、「やめる」「終わらせる」ということが大事だと思うんですよね。

今年の一番の目標は「やめること」

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

ですが、今年はこの「農マドワーカー」という肩書きを名乗らなくなるかもしれません。

というのも、この春にはネットの仕事を辞めようと思っているからです。

今日は2019年1月2日ですが、昨日(1月1日)の朝に それを強く思いました。

なので、今年の第一の目標は「仕事をやめること」となります( ̄▽ ̄)

新年は「やめること」から始めよう

あ。でも、ネットの仕事を辞めることは、昨年から関係する方々にはお伝えしていました。

なので、年が明けて突発的に「辞めたい!」「やめる!」と思ったわけではなく、もう数ヶ月ほど前から徐々に準備を始めていました。

ただ、年が明けて布団の中で目覚めた瞬間に

「うん。やっぱり今年はネットの仕事をやめよう」

という想いが浮かんだので、

「あー。ここが今の自分にとって大事なのか」
「今年はまず“やめること”から始めるんだな」

と確認したのでした。

新年というと今年一年の目標を設定したり、何か新しいことを始めるイメージがありますが、

「何かをやめることから始めるのが大事」

と感じているのです。

今までの何かをやめないと新しいことができない

ただ、これは今の僕だけではなく、冷静に考えても多くのケースに当てはまると思います。

なぜなら、何か新しいものを始めようと思ったら、時間的にも体力的にも そのキャパシティを確保する必要があり、そのためには「今までやっていた何かを辞める」というのが必須だからです。

もちろん、昨年までが相当にヒマで時間も体力も有り余っている場合は、何かを辞める必要はないと思います(^^;;

でも、この現代社会において、「めっちゃヒマ♪」「時間を持て余していてー」という人は少ないと思うので、やっぱり「何かを辞めること」って大事だと思うんですよね。

この新年の「新しいスタートを切ろう!」「より良い年にしよう!」という雰囲気が高まる今だからこそ、

  • 今後の自分にとって何が必要で
  • 逆に、何が必要でないのか?
  • そのためには何を辞めるのがいいのか?

を考えるべきだと思うのです。

「やめること」がより良い年にする秘訣

そして、何かをやめることができて初めて、自分が本当にやりたいことややるべきことにエネルギーを注ぐことができます。

今まで時間や体力を使っていたことをやめて、時間的にも体力的にもキャパシティを確保することで、初めて次のステップへ進むことができます。

だから、まず「やめること」「終わらせること」から始めることが、新しい一年を有意義に過ごすための秘訣だと思うのです。

一見すると、「何かをやめる」というのはネガティブに思われがちですが、実はそこから新しい可能性が生まれる大事な作業なんですよね。

正直、「何かをやめる」までの過程を考えると、めんどくさくて気が滅入りそうになったりもします( ̄▽ ̄;;

でも、本当に自分が進みたい方向へ進むためには、避けて通れない道だと思うのです。

新年だからこそ「やめること」を決める!

……と、最後は抽象的な表現になってしまいましたが、

新年だからこそ「新しいこと」や「始めること」よりも、「終わらせること」や「やめること」のほうが大事!!

だと個人的には感じています。

それに、この寒い冬の時期は何かを始めるって難しいですし、じっと今までを振り返って、自分の行動や身の回りのことを整理整頓するほうが効果的だと思いますから。

そんなわけで、この年明けの1月は、まず「やめること」に意識を向けて進んでいきたいと思います!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください