生活習慣

体が冷えると良くない!冬こそ体を温めよう!というシンプルな法則

冬は体を冷やすと良くない!体を温めよう!

「体を冷やすのってダメだなー」

と最近つくづく思います。

本日1月12日は地元の消防団の出初式(でぞめしき)でした。

市内の各地域にある消防団が一斉に集まるのですが、屋外での開催なのでやっぱり寒いです(^^;;

個人的には出初式は大好きで、一般の方々に消防車を見ていただけり交流できたりするので、とても良いものだと思っています。

とはいえ、やっぱり寒い・・・

実はここ数日 風邪をひいていて、今日までにだいぶ回復しかけていたのですが、式のあと再び悪化してしまいました。

なので、午後は布団にもぐって体を休ませていたという。。。

でも、あったかいお布団の中でゆっくりしたので、更に再び体は回復に向かっております

なので、今回の経験で

  • 体を冷やすことは良くない!
  • 調子が悪い体が温まることをすべし!

ということを実感しました。

世の中にはたくさんの健康法がありますし、僕自身も自然農法に取り組んできたので色んな情報を知りましたが、究極のところ

体を温めるといいよ!

というところに落ち着くのではないかと思います。

「じゃあ、どんなことをすれば体は温まるのか?」というところで、具体的な方法が細かく分かれていくのではないか、と。

例えば、

  • 夏野菜のトマトやキュウリは体を冷やす
    (なので、夏の暑い時期には体に有効)
  • けど、冬に美味しくなるダイコンやニンジンは体を温める

という感じですね。

でも、こういう食べ物の違いについてもシンプルで、“旬のものを食べると良い”ということに落ち着いたりします。

  • その時期に良くできるもの
  • より美味しく感じるもの

を食べるほうが体にとっていいわけです。
(ただ、現代においては、食べ物の栽培技術や生産技術が進化したことで、“旬”がわかりづらくなってますけど(^^;;)

こういう風に考えると、健康法って難しいことを考えたり、努力することではなくて、もっとシンプルなことなのではないかなー、と思います。

あ。でも、専門的な知識があるわけではなく、素人の個人的な見解なので、そこはご理解くださいm(_ _)m

ただ、今日も……

  • 冬の屋外の空気に当たって体が冷えたので、調子が悪くなった
  • その後、布団に入って体を温めながらひたすら休めた
  • あと、体が温まるように、お白湯(さゆ)を飲んだ
  • すると、目覚めたあと体の調子が良くなってきた

という体験をしたので、この流れをみていると、

「シンプルに体を温めるのがいいんだなー」

と感じています。

あ、そうそう! 最近の個人的なお気に入りは“お白湯(さゆ)”です。

これはもう単純に、お水を温めるだけ

できたらミネラルウォーターの方がいいんでしょうけど、我が家は水を買う習慣がないので、浄水器に通した水をヤカンで沸騰させて、適度に冷ましてから飲んでいます。

特に風邪のときは、夜寝る前にお白湯を飲むと、夜中でも布団の中でポカポカした感覚が続きます。
(個人的な感覚かもしれませんけど)

それに単純に「お湯」なので、「これは体を冷ます素材だろうか?」「本当に温まるだろうか?」などということも考えなくて済みます。

なので、最近の僕の健康法は「お水を温めて飲むこと」になってます( ̄▽ ̄)

もはやシンプルすぎますが、きっと世の中はもっとシンプルで、「シンプルなことが実はいいのかな?」と考えています。

何にしても、この寒い時期に体を冷やすと調子が悪くなるのは確かなので、「体を温める」ということに気をつけて、冬を乗り切っていきたいと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください