生活習慣

忙しくなるのは「忙しい」という想いが自分の中にあるから?!

「忙しい」と思うと本当に忙しくなる

「忙しい」とよく思ってしまう人間です

実際、人から見ても忙しいそうで、なんか色々やってます。

妻から見ても、いつも忙しくしているように見えるようです。

けれど、本当のところは忙しくなんてなりたくありません。

できれば時間に余裕を持ちたいし、家族と一緒にいたいし、一人でゆっくり過ごす時間も持ちたいです。

ですから、

「忙しくならないように、早め早めに仕事をこなそう!」

と思います。

ですが、結局それでも忙しくなってしまいます。

「なんでだ?! 忙しいための対策として作業スピードを速めたり、一日にこなす仕事量を増やしているのに?!」

という疑問が出てきます。

いえ。そうやって忙しくなる自分に腹が立ちます。

「自分はもともと忙しくなるタイプの人間なのだから、そうならないようにもっと工夫しないといけないのに!」

と努力しようとします。

忙しくなってしまう自分に腹を立てて、自分がイヤになることもあります。

……が、

最近 気づきました。

「あれ? なんで僕って、忙しくなる前提でいるんだろう?」

ということに。

そうなんです。

  • 「忙しくならないように頑張らなきゃ!」とか
  • 「時間に余裕を保つために、テキパキ仕事をこなさなきゃ!」とか

こうやって考えてるということは、

「自分は何の努力も工夫もしないでいると、自然と忙しくなってしまう人間なのだ」

という前提がある、ということです。

この「前提」という言葉は、“初期設定”とか“思い込み”と言い換えてもいいかもしれません。

で。この“初期設定”があるということは?

自分のデフォルトは「常に忙しい状態」ということになります。

……となると?

どんな生き物だって機械だって、自分のデフォルト(=初期設定や自然状態)に戻る傾向があるのだから、仮に頑張って工夫したところで、デフォルトに戻る

という法則が成り立ちます。

「うわ! だから、自分は忙しかったのか!」

ということに気づきました。

どういうことかというと、

自分が忙しかった原因は、「仕事や用事が多くなった」という外的要因によるものではなく、もともと自分の中にある「自分は忙しくなる人間なのだ」という“思い込み”(内的要因)だった

ということです。

あ。もちろん、仕事や用事が多くなるのは事実です。

なので、外的要因によって忙しくなっているとも言えます。

けれど、仕事や用事などの外的要因を作り出しているのも、自分の“思い込み”という内的要因によるところが大きいのです。

最近、自分の行動を意識的に客観視するようにしているのですが、何かの仕事を取り組もうとしたときに、僕は頼まれた以上の余計なことをする傾向があることがわかりました。

例えば、動画編集のお仕事をいただいて、お客様からは「余計な箇所だけをカットしてください」というご要望だったとしても、音質や画質の調整とか頼まれていないことまでもやってしまうのです。

「うん。こういう動画だったら、ここまでやった方がクオリティが上がって良いはず!」

と勝手に自分で判断して、追加の作業をしてしまうんですよね。

そして、もちろんのことながら、自分で勝手にやったことなので追加の費用は請求せずに……。

「サービス精神が旺盛」「仕事にこだわりがある」という見方もできるかもしれません。そう言っていただけるなら、すごく有り難いです。

ですが、自分に余裕がないくせに、忙しいくせに、自分の体力や時間を擦り減らして そういう“余計なこと”をするって、きっと違うと思うのです。

「より良いサービス」や「こだわり」って、余裕の中から生まれてきますから。

けど、余裕がない中でも、やってしまう。

これはどうしてなのかというと、

「自分は忙しい人間なのだ」という思い込みがあるために、忙しくなる方向へ無意識に自分を持って行ってしまう

のではないか?と考えています。

つまり、外から仕事や用事がやってくるから「忙しい」のではなくて、「自分はいつも忙しい」という初期設定や“思い込み”があるために、それに見合うように敢えて仕事や用事を作り出す、ということです。

どうしてこんな“思い込み”ができたのか、自分でもよくわかりません。

ただ、少し自分の内面を探ってみると……

  • 仕事とは大変なものなのである
  • 大変なことをするには時間がかかるのだ
  • だから、仕事をしていれば自然と忙しくなるものなのだ
  • 忙しくしていないとお金をもらってはいけない
  • というか、忙しく頑張っている自分が好き
  • 忙しくしていることは美徳である

といった考えがあることがわかりました。

だから結局のところ、

「そうか。僕は忙しくなりたかったんだな!」

ということなのです。

そう。僕の心の奥に、「忙しいことは美徳だから、忙しくなりたい」という隠れた望みがあって、その望みを叶えるために忙しい方向へ自分を向かわせていたのです。

「なんか……コントかギャグみたいやな( ̄▽ ̄;;」

と、自分に対して思ってしまいました。

だって、表面的には「忙しいのはイヤだ!」「忙しくならないように努力しよう!」と言っているくせに、心の奥では忙しさを望んでいたわけですから。

ですが、ここから大きなことに気づきました。

「自分が思ったことや考えたことが、本当に実現してる!!」

ということに。

よく自己啓発の本などで

  • 思考は現実化する
  • 想いが現実を引き寄せる
  • 引き寄せの法則

といったことが語られますが、まさに それが起こっていたのです。

自分の心の奥に「自分は忙しい人間だ」という“思い込み”があったり、「忙しくなりたい」という隠れた望みがあることで、それが見事に現実化していたのでした。

「うわーー。しまったーーー」

と激しく反省しました。

今まで忙しくなるのは外的要因によるものだと思っていたのに、本当は自分自身が保つ内的要因だったのですから。

「そうか。なら、どれだけ仕事のスピードを速くしても、段取りを工夫したとしても、根本的な解決にはならないな」

「一番大事なのは、自分の“思い込み”を変えることだ!」

ということに気づきました。

目の前にある現実が、自分の心の奥が原因になっているのなら、それを変えるしかないですもんね(^^;;

そんなわけで、「忙しいのはイヤなのに、なんで忙しくなるの?!」と疑問に思っていた原因が、「結局は自分自身の中にあった」というコントのような真実に気づき、ちょっぴり情けなくなりつつ、今後の自分の内面を見直すきっかけを得ました。

あなたも、今の忙しい状況に不満や疑問がある場合は、実はご自身の中に原因があるかもしれません( ̄▽ ̄)

この記事が少しでもご参考になれば幸いです☆

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください