子育て

「子どものため」に料理したけど失敗!結局「自分のため」だった件

「子どものため」と思って料理したけど結局「自分のため」だった件

子どものためにチーズハンバーグを作りました。

けれど、「いらない」と言われてしまいました。

僕としては、心を込めて作ったのでショックでした。

娘としては、ハンバーグよりも卵かけご飯を食べたいのだそうです。

「ふざけんな!」
「どれだけ頑張ったと思ってんねん!?」
「君のために作ったんやで?!」

と言いかけました。

けれど、これって“子どものため”ではなくて、完全に“自分のため”なんですよね。

子どものために頑張って料理しました

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事もしています。

昨日から妻が家を空けています(友だちの大切なイベントで実家に帰省中)

そのため、4才の娘と僕の二人暮らし。

ご飯の準備なども僕の担当となります。

で。昨日は「娘に喜んでもらおう」と思って、豆腐ハンバーグを作りました。

娘はチーズが好きなので、ハンバーグの中にチーズを挟んで焼き、さらに仕上げにチーズを載せました。

子どものためにチーズin豆腐ハンバーグを作りました!

初めてのチャレンジだったため、いつもより30分ほど遅れてしまいましたが、良い感じの仕上がりだったので自信を持って食卓に置きました。

ですが、娘は残酷にもこう告げたのです。

「これ、いらない」

「卵かけごはんがいい!」

……と。

本当に「子どものため」?

正直なところ、カチン!と来ました。

今回のチーズハンバーグを作るのにかかった時間は1時間ほど。でも、もし卵かけご飯にしたら3分くらいで出来上がります。

「卵かけご飯なんかにしたら、今までの時間がムダになるやん!」

「親がこれだけ頑張って作ったんやから、ちゃんと食べろよ!」

「そもそも、あなたのためを思って作ったんやで?」

という気持ちがドワーーーッと湧いて来ました。

ですが、そこで冷静になって感情を吐き出すのを止めました。

「ん? 待てよ」
「これって、完全に僕のエゴやん!」

ということに気づいたからです。

子どもの立場で考えてみる

実は「卵かけご飯がいい」ということは、事前に少し聞いていました。

娘は卵かけご飯が大好きで、夕方 幼稚園から帰宅したときも「今日も“たまごはん”がいいー」と言っていたのです。
(我が家では卵かけご飯のことを“たまごはん”と呼びます)

けれど、僕はもうハンバーグを作りかけていましたし、「毎日“たまごはん”ばかりではマズかろう」と思い、その言葉をスルーしていました。

ですから、チーズハンバーグが出来上がったとき、「いらない」と言われるのは当然のことだったのです。

それに、娘の立場で考えると、僕は色々とひどいです(- -;;

  • 自分は卵かけご飯が食べたいと思っている
  • けれど、父親はその声を無視して、勝手に違うものを作っている
  • しかも、いつもの夕食の時間よりも遅くなり、待たされている

という状態なのですから。

これがもしレストランであれば、

  • 自分の注文とは違う料理が作られている
  • しかも、お腹が空いているのに、めっちゃ待たされている

という状況です。

お客さんなら、ブチ切れですよね……(^^;;

つまり僕は、子どもの希望や立場を完全に無視して、自分のワガママだけで晩御飯を作っていた、ということなのです。

腹が立った原因は自分自身にあった

「うわー。やってしまったー(>_<)」と思いました。

こういうことは今までもよくあったのですが、「またか……」という感じでした。

けれど、救いだったのは、腹が立った気持ちをそのままぶつけなかったこと

「ハンバーグいらない」と言われてカチンと来たものの、その感情を冷静に見つめて、

「あ。こうなったのは僕が原因だ」
「この子の気持ちを全然考えられてなかった」

と気づき、その感情を鎮めることができました。

それに、その時の娘は とても眠たそうにしていました。僕がハンバーグ作りに時間をかけてしまったために、幼稚園の疲れが出てクタクタになってしまったのです。

ハンバーグ作りで待たされて、ご機嫌が悪くなってしまいました。

「ごめんね。いっぱい待たせちゃって」

と眠そうな娘を見つめて言いました。

この状態ではハンバーグは無理だと僕自身も悟り、

「ハンバーグはもういいよ」
「“たまごはん”つくるから、それを食べな」

と告げて、睡魔でフラフラしている娘に、卵かけご飯を出したのでした。

子育てだけではなく仕事でも

相手の要望を無視してしまうのはよくあることかも

でも、こういうことって、よくあることなのかもしれません。

子育てではもちろんですが、世間一般の仕事の中でも。

サービスを提供する側は「お客さんのために!」とか「こだわりのものを!」と意気込むのに、お客の側としてはそこまで求めていないってよくあります。

先ほどのレストランの例のように、お客さんが

「卵かけご飯を食べたい」
「お腹が空いているから、早く食べたい」

と言っているにも関わらず

「いや。うちの店はハンバーグが絶品なんです!」
「あなたのために心を込めて作るから、絶対おいしいです!」
「でも、こだわりの一品で時間がかかるので、1時間お待ちください」

なんて店員が言ったら、

「いや。いいッス」
「帰ります」

となりますよね( ̄▽ ̄;;

お客としては想いやクオリティなんて求めておらず、単にサクッと簡単なものを食べたいだけなのに、それが完全に無視されてしまっています。

もはや、お店のエゴです。

こういった「自分のこだわりを優先してお客の声を聞かない」というのは、個人で起業しようとしている人に多くて(やたらクオリティや正しさを求めて、お客に届けることをしない)、自分自身もそういう傾向があるので、改めて気をつけようと思いました。

というか、今回の娘に対する料理の出し方が、まさに“自分のエゴ丸出し”状態だったので、大きく反省中でございます。

そんなこんなで、子育てだけでなく、仕事に対する姿勢も学ばされたのでした(^-^)

お互いの気持ちを尊重する

という感じで巻き起こった「チーズハンバーグ事件」だったのですが、実は続きがあります。

娘が卵かけご飯を機嫌よく食べ、僕もチーズハンバーグを食べ始めたところ、

「あ。それ、食べたい!」

と娘が言い出したのです。

どうやら、ハンバーグを切って中からトローリと出て来たチーズに心を奪われたようでした。

先ほどまでの眠気も、卵かけご飯を食べ始めたことでマシになり、元気も出て来たようです。

「そうかー。最初から、この“トローリ”を見せておけばよかったのかー!」

と笑いながら、自分のハンバーグを切って、娘にも渡しました。

自分が「良い」と思っていることは、わかりやすく伝えておかないといけないですね(^^;;

そのあとは、“たまごはん”とチーズハンバーグを二人で分け合って食べ、よい夕食の時間となりました♪

「子どものため」と思って料理したけど結局「自分のため」だった件

「子どものため!」と思って料理を作るのは、素晴らしいことだと思います。

けれど、それはあくまでも子どもの気持ちを理解した上でのこと。

そして、自分の気持ちをわかりやすく伝えることも重要です。

お互いの気持ちや立場を尊重して、楽しく料理や食事ができるといいですね(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください