生活習慣

寒くて動けないときは「動けない自分」を認めることから始める

寒くて動けないときは「動けない自分」をまず認める

寒さに負けました。

ホントはもっと、

  • スピーディに仕事をこなし
  • 多くの人のお役に立ち
  • 家族との時間も大切にし
  • 自分自身の時間をも楽しむ

という生活をしたいのに、全然それができません(T-T)

むしろ、今の僕は

ぜんぜん動きたくなーーーい

と思っています。

いえ。頭の中では理想の自分をイメージするのです。

テキパキと仕事をこなしつつ、家事をこなし、子育てをし、妻のために料理をつくり、かつ地域の皆様のためにも貢献している、という理想の姿があるのです。

けれども!

なんかこう、寒いとね。

完全に思考も気持ちも行動も、縮こまってしまうわけですよ。

ずっとお布団の中にいたいと思うわけですよ。

それか、ストーブにあたって「ふー」っとコーヒーを飲んでいたいな、と思ってしまうわけですよ。

究極のところ

「怠けてたい!」

と思ってしまうわけですよ。

そして、そんな自分が情けなくなって自己嫌悪に陥ってしまいます。

寒いと、余計に気持ちも落ち込みやすいので、そのままネガティブスパイラルまっしぐらです!。

そうなると、「あー。動けない自分なんて価値がない人間だ」となって腐っていきます。

ネガティブどころか上も下もない「虚無」です。

ナッシングネス(nothingness)です←いま調べた

nothingnessとは

[主な意味]無、空、非実在、空虚、無価値、無意味なもの、人事不省、死

weblio英和辞書より引用

となり、もはや「実在しない」というくらいの評価になってしまいます。

これはいけません。

こんな状態ではいけません。

けれど、だからといって、この寒い状態で何かを頑張れるかというと、そういうわけにもいきません。

「いやいや。本当にやりたいことや目標があるなら、寒くても動けるよ!」というお声もあるかもしれませんが、

今の自分はけっこう“人生の迷子”状態なので、やりたいことや目標が明確ではありません。

でもでも、だからといって、nothingness(虚無、非実在)というレッテルを自分に貼るのはどうかと思うわけで……

だって、今の僕はちゃんとここに実在しているんですもん。

「我思う、ゆえに我あり」

ですよ。

「コギト エルゴ スム」ですよ。

たとえ何もしたくなかろうと、「怠けてたい」という気持ちが強かろうと、

その気持ちがあって、色々と考えちゃっているのであれば、

ちゃんと存在しているのです!!

ここに確かに存在しているのです!!

よくないのは、

  • 夢や目標を持つのが良いことなのだ
  • 行動し続けるのが人としての価値なのだ
  • ポジティブなのが良いことなのだ

とされる世の中の固定した考え方ですよ。
(といいつつ、その考え方を受け入れたのは、他ならぬ自分自身なんですけど)

だから、

  • 夢や目標が無くたっていい!
  • 「怠けたい」と思ったっていい!
  • 行動できなくたっていい!
  • 寒さに負けたっていい!
  • 布団の中でうずくまっていてもいい!

と、いま強く思うのです!!

だって、そうやって考えている時点で、「我思う、ゆえに我あり」理論で、「ちゃんと存在している」ということなるんですから。

かなり無理やりこじつけっぽくなっておりますが、

寒くて動けない自分をめっちゃ正当化しておりますが、

それでも、この広い世界には

「うわー。寒くて全然やる気起きねー」
「思うように全然動けねー」

という方も、きっとお一人はいらっしゃるでしょうから、

その方を応援すべく、この記事を書いております。

……と、こうやって書いているうちに、いつのまにか心が温かくなり、行動を起こしたくなってきています。

けど、この状態になれたのも

  • まずは動けない自分を受け入れること
  • 「怠けたい」という自分の本音を認めること
  • 寒さに降参したこと

でした。

そんなわけで、「寒くて動けない」「やる気が起きない」というときは、無理に自分を奮い立たせるのではなく

「まあ、今の自分でもいっか♪」

と現状を肯定するところから始めるのがいいと思います!

そんなわけで、今日も一日がんばりまーす☆

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください