子育て

子どもは幸せになる天才!目の前のことに全力で夢中になれる

目の前のことに夢中になる才能

子どもとオモチャ屋さんへやって来ました。

今日からプリキュアの新シリーズが始まり、「オモチャ屋さんでDVDをプレゼント!」というキャンペーンがあったからです。

ですが、店員さんに聞いたところ、DVDは無いとのこと。開店10分くらいで、全て配布されてしまったのだとか。

楽しみにしていた娘はガッカリです。

けれど、そこから切り替えが速いのが子どものスゴイところ

プリキュアではなく、他のキャラクターのオモチャサンプルでさっそく遊び始めておりました。

んでもって、いったん遊び始めたら、その時間の長いこと。

「どんだけ集中力続くねん?!」

という感じです。

しかも、そのオモチャって、もう2年前くらいから好きで、オモチャ屋さんに来るたびに遊んでるものです。

「どんだけ好きやねん?!」

という感じです。

そのオモチャは何回か「買おうか?」と言ったことがあるのですが、要らないのだそう。

どうやら、子どもの様子を見ていると、継続的に「ずっと好き」というよりも、お店でそのオモチャに出会うたびに好きになっているようです。

つまり、その瞬間瞬間にオモチャのことを好きになり、その「好き」という気持ちに素直になってオモチャで遊んでいる、ということです。

そして、こういう姿を見ていると、自分の姿勢を反省させられます。

「こんなにも夢中になれるものがあるやろか?」と。

こんな風に

純粋に「これが好き!」「夢中になる!」「時が経つのを忘れる」という心が本当に素晴らしい

と感じます。

わたくし38歳という年齢になって、日々の仕事やアレコレに取り組んでいますと、自分の「好き」という気持ちよりも、他のことを考えてしまいます。

  • 「これに取り組むのっていいことなのかな?」
  • 「人に何て言われるかな?」
  • 「これをやっても、お金にならないしな」
  • 「何か意味やメリットがあるだろうか?」
  • 「自分には合わないかもしれない」
  • 「頑張っても無駄になるかもしれない」

などなどと。

こうやって書き出してみると、「そんな余計なこと考えずに、やりたいようにやればええやん!」と思うのですが、いざ何かに取り組むときは

  • 社会的評価とか
  • 費用対効果とか
  • 意義や意味とか
  • メリットデメリットとか
  • 自分の人生の行き先とか

色々考えてしまいます。

そして結局、不完全燃焼になって、成果は出ず、充実感もないまま終わる。

そんなパターンばっかりです。

でも、子どもがオモチャ屋さんで遊ぶ様子を見ていると、そんな余計な考えはなく、その瞬間瞬間に真っ直ぐです。

そのとき目の前にあるものに、全力で夢中になってます。

「メリットデメリット」とか「社会的評価」とか「自分に合う合わないか」とか全く関係なしです。

そうやって、目の前のものに全力になって、自分の「好き」に素直になる姿は、本当に幸せそうだと思います。

今回は元々の目的だったプリキュアDVDを手に入れられませんでしたが、そこに執着せず、今目の前にあるもので自分を最大限に楽しませています。

ホント、子どもは天才ですね。

人生を楽しむ秘訣、幸せになる秘訣は、子どもの方がよく知っていると思います。

そんな姿に感動しながら、迷える大人も また一歩前に進みます!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください