インターネット

ITの仕事がツライ!他人のブログやHPの管理画面に入るリスク

ITの仕事がツライ!

ITの仕事がしんどいです。

現在、ブログやホームページでの発信をサポートをする仕事をしているのですが、それがめちゃくちゃしんどいのです。

特に、クライアントさんのブログやHPの管理画面にログインすると、非常に疲れます。

正直なところ「なんでこんなに疲れるんだろう?」と疑問で仕方がありませんでした。

だって、僕はもともとITの操作が好きだし、クライアントさんも良い方ばかりだし、「精一杯お手伝いしたい!」と思っているからです。

けれど、昨日、その原因がわかりました。

どういった原因かというと

ブログやホームページの管理画面に入るというのは、相手の心の深いところに触れることだから

というものです。

これだけでは、よくわからないかもしれません。

少し順を追って説明すると……

インターネット上で個人が持つブログやホームページというのは、その人の心の状態や生き様をそのまま反映したものです。

多くのウェブサイトは、その持ち主が愛着や想いを注いだり、自身の活動やライフスタイルをより良く表現するために使われていますから。

つまり、ブログやHPは ご本人の心そのもの、ということです。

そして、人間の心というのは、大きく「顕在意識」と「潜在意識」に分かれますが、その視点を使うと

  • 表面に現れるブログやホームページの記事やデザインは「顕在意識」
  • その奥にある管理画面は、その人の「潜在意識」に当たる

という見方ができます。

ですから、ある方のブログやメルマガの管理画面にログインすると、そのまま その方の潜在意識の中に入り込む、という風に考えることができるのです。

そして潜在意識には、ご本人でも気づけない心の葛藤や不安、悩みなどが渦巻いていて、そこに他人がアクセスした場合、その影響をもろに受けてしまいます。

つまり、「管理画面にアクセスする」=「潜在意識に入り込む」ということになり、ウェブサイトの持ち主の葛藤や悩みや不安をダイレクトに受け取ってしまう、ということになるのです。

……って、かなり非科学的なことを書いてしまっていますね(^^;;

「そんなバカな」とか「迷信でしょ」と思われた場合は、このままページを閉じてください。

ただ、個人的には実感として そう確信しているのと、この考えに立つと色々な疑問が紐解けたんです。

ITのサポートというと技術的な仕事で、心理的な側面は無いように思われます。ですが、実はそうではなく、

ITとはテクニカルなものであると同時に、非常にスピリチュアルなもの

なのです。

ITサポートの仕事がツライです

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです(^-^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

ですが最近、ネット関連の仕事が行き詰まっていました。

働きたくない!という気持ちを肯定的に捉える
働きたくない!という気持ちを肯定的に活用する働きたくないです。 最近、超絶に働きたくない。 いえ。こんなこと考えるなんて、大人としてどうかと思います。 ましてや、...

なぜか「働きたくない!」という気持ちが強くなったり、実際に仕事に取り掛かっても、体がすぐに疲れてしまうことが多くなっていたのです。

「なんでかなー?」

と思っていました。

僕はネット関連の操作が好きだし、ブログやホームページを立ち上げるのも趣味でやっていたし、メルマガなどの仕組みを構築していくのもワクワクします。

それに、ありがたいことに、他の方からブログやホームページの操作をお任せいただくお仕事も増えていました。

けれど、本来は好きなことのはずなのに、クライアントさんのブログやHPを操作するたびに疲れが蓄積していたのです。

ブログやHPの管理画面に入ると消耗する

最初は「何かの勘違いだろう」と思っていました。

「ITの仕事で疲れるはずがない」
「自分の好きなことをやっているのに、消耗するはずがない」

……と。

ここ数カ月、私生活で大きな変化もあったので、その影響もあるのかなと思っていました。

けれど、その可能性を否定するように、ITの作業をするたび、決まって身体が重たくなるのです。

特に、クライアントさんのブログやメルマガの管理画面に入ると、背中に重りを背負ったかのように感じていました。

「子泣きジジイに取り憑かれたんか?!」

と思うくらい、強烈な疲労感と倦怠感が襲って来るのです。

ですから、「この疲労と消耗は、ITサポートの仕事から来ている」と結論づけるを得なくなりました。

仕事だから頑張ったけれど……

けれど、こう結論づけるのは、とても勇気のいることでした。

なぜなら、インターネットの操作は僕の大好きなことで、「ネットの仕事が苦しい」となると、自分の好きなことを否定してしまうからです。

それに、クライアントさんたちは良い方々ばかりだし、その活動を応援したいと心から思います。

ですから、「ITサポートがツライ」というのは、クライアントさんの活動も否定するような気になるのです。

そんな理由から

「ITのサポートが苦しいはずなんかない!」
「せっかく好きなことを仕事にできたのに、それを手放したくない!」

いえ。そもそもの話として、

「仕事でお引き受けしていることなのだから、責任持ってこなさないと!」

と、自分を奮い立たせて頑張って来ました。

ですが、限界が来ました。

なんとか自分にムチ打って作業しようとしても、身体と心が拒絶して動けなくなったのです。

IT作業のあと強烈な疲労に襲われる

いえ。実際には、頑張って作業しました。

けれど、ITの作業後、身体が動かないくらいの疲労が襲ってきたのです。

それが起こったのは、まさに昨日のこと。

あまりにも身体が重たくなったため、「これ以上何もできない!」と、夕方5時であるにも関わらず、スマホもパソコンも、全ての電子機器の電源を切ってしまったほどでした。

正直、自分でも訳がわからなかったです。

だって、その時の作業はとてもシンプルで、いただいた原稿をブログ記事に移すというだけでしたから。

いわば「コピペで済む」ような仕事です。

しかも、作業時間は1時間ほどで、ぜんぜん長くはありません。

ですが、クライアントさんのブログの管理画面で作業していると、みるみる消耗していく自分がいたのです。

「これは何でなんだろう?」

と必死に考えました。

ブログやHPの管理画面=持ち主の潜在意識

そうやって出てきた結論は、

  • ブログやホームページの管理画面というのは、持ち主の心の奥(潜在意識)に当たる
  • だから、そこに他人がアクセスすると、持ち主の心の葛藤をダイレクトに受け取ってしまう

というものでした。

ちょうど最近、人間の顕在意識と潜在意識について学ぶ機会があり、また

「その人の心の状態は、持ち物や文章などにも現れる」

といった話もあったことから、そんな風に思い至りました。

良いクライアントさんだからこそ

あ。でも、これは「クライアントさんの心の状態が悪い」と言っているわけではありません。

むしろ、より良い方向に向かっているからだと言えます。

いまブログやHPをお任せいただいているのは、ご自身のビジネスを立ち上げようとされたり、社会に貢献したいという想いをお持ちの方ばかりです。

ですので、急速に成長されたり、変化されたりしている方々なのです。

ただ、成長や変化には反動が伴います。

  • 成長しようとすれば、それを引き戻そうとする不安が自動的に生まれたり
  • 変化しようとすれば、今までの常識や考えが反発して葛藤が生まれたり

つまり、成長や変化をするほどに、自分でも気づかない反動が潜在意識で起こる、ということです。

そして、

  • その潜在意識はブログやホームページの管理画面とシンクロしていて
  • そこにログインした僕は、クライアントさんの心の奥にある葛藤や不安をもろに受けてしまった

そんなメカニズムに気づいたのでした。

ITの仕事でも“心”に目を向ける

とはいえ、このメカニズムに明確な根拠はありません。

単なる僕の思い込みかもしれません。

それに、たとえ本当だったとしても、人によっては影響を受けないかもしれません。

ただ、「ITサポート」というテクニカルな仕事であっても、“他人の持ち物の中に入り込む”という点で、心に目を向ける視点は無くしてはいけないと思うのです。

特に、ブログやホームページは、持ち主さんの想いや愛が詰まったものです。あるいは、その方の活動や仕事の“核”だったりもします。

ですから、作業そのものは簡単でも、「他人のメディアの管理画面にログインする」という時点で、かなりの覚悟と心の準備が必要だ、と気づいたのです。

お恥ずかしい話、今までの僕は

「自分の好きなネットの作業ができる♪」
「作業そのものは簡単だから〜」

と考えて、クライアントさんの管理画面にログインしていました。
(もちろん、データが失われないようにという責任感や危機意識はありました)

ですが、そういった心構えだと、管理画面の中で起こる目に見えない影響を、もろに受けてしまいます。

先ほどの「潜在意識=管理画面」という考えに立つなら、

ブログやホームページの管理画面の中は、持ち主の心の奥の葛藤や悩みが激しく渦巻くところ

ということです。

イメージでいうと、海の深くで海流と海流がぶつかって渦潮(うずしお)が出来ているような感じですね。

そんな中に他人が無防備に飛び込めば、それはもう極端に消耗してしまうわけで……

「そうかー。だから、僕はめっちゃ疲れてたのか」

と気づいたのでした。

“大切な場所”に入らせていただく覚悟

ですが、このメカニズムに気づいてしまえば、あとの対策はシンプルです。

ブログやホームページの管理画面にログインさせていただくときに、こちらがきちんと心の準備をすればいいだけですから。

海の中にすっぱだかで飛び込むのではなく、ちゃんと酸素ボンベやウェットスーツを着込んで入るイメージですね。

「クライアントさんの大切な場所に入らせていただくんだ!」

「でも、自分の心はその影響を受けないんだ!」

という覚悟を持てば、今までより負担なく作業できると考えています。

まだ仮説の段階なので、これから検証と試行錯誤が必要ですが(^^;;

ブログやホームページの持ち主も注意!

ただ、「管理画面=潜在意識」が成り立つなら、他の問題も起こります。

それはブログやホームページの持ち主さんにとってのリスクです。

「管理画面に誰かがログインする」ということは、「自分の心の中に他者の侵入を許す」ということで、あまり良い効果を生むとは言えません。

自分の心はあくまでも自分のものですから。

僕は以前から「自分のブログやホームページは、持ち主自身が更新と管理をすべきだ!」と考えていました。

ですが、

  • ITが苦手で、自分ではどうしても出来ない
  • ビジネス計画や商品づくりに集中して、IT作業は誰かに任せたい

というお声があり、ブログやHPの管理代行もさせていただいていました。

けれど、今回の「管理画面=潜在意識」というメカニズムに気づくことで

「やっぱりブログやホームページの管理は、持ち主自身がすべきだ!」

と、強く思ったのでした。

その方が、ご自身の心への影響が少ないですし、何より金銭的にも時間的にも負担が少なくて済みますから。

ですので、僕自身がこれからもITの仕事を継続するなら、「作業を肩代わりします」という形ではなく、

「クライアントさんがご自身でインターネットを使いこなせるように」

という方向へ進みたいです!
(ネットの仕事そのものを辞めることも考えていますが、今はまだ保留っス)

ITはテクニカルでありスピリチュアル

さてさて。客観的な根拠がないまま、自分の経験と感覚だけで話を進めてしまいましたが、ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました!!

ただ、僕自身の拙い経験の中でも感じるのは

ITというテクニカルな分野であっても、実は人の心に深く根ざした、非常にスピリチュアルなものなのではないか

ということです。

そもそもインターネットというものは、人の心に生まれたものを表現するためのものですし、そこから人と人との繋がりを築いていくものです。

ですから、技術的なことだけに目を奪われず、「人の心を大切にする」という視点が必要だと思うのです。

もしかしたら、僕がITの仕事で消耗してしまったのは、単に「技術的な仕事だ」と捉えてしまい、「人の心に目を向ける」ということを忘れてしまったからかもしれません。

何にしても、そこに

  • ブログやホームページを持って発信する“人”
  • その発信を受け取る“人”

がいる限り、

「“人”の心を大切にする」

ということが、ITの仕事には必須だと感じたのでした。

この記事が少しでもご参考になれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください