子育て

子どもってモチベーションが湧けば苦手なことも自然とやるのか!

早起きが苦手な子どもが「ケーキ食べたい!」というモチベーションで起きた

うちの子どもは、朝起きるのが苦手です。

ですが今日は、一番に起きました。

なぜなら「一番に起きた人がケーキを食べられる」という決まりを作ったから。

昨日、家族で食べるためにロールケーキを買ったのですが、少し余ってしまったのです。

で。その余りのケーキを、朝早くに起きた人が食べられることにしたのです。
(なので、この決まりは今日1日限定のものです)

甘いお菓子が大好きな娘は、「明日は一番に起きる!」と言って、昨晩 眠りにつきました。

そして今朝は、僕と妻よりも早く布団から出て、一番にキッチンに向かったのでした。
(でも、まだ4歳で背が小さいので、部屋の電気をつける手伝いは僕がしましたけど♪)

しかも、朝一番のトイレにも、自らの意思で向かい、一人で用を足し、手を洗って戻って来ました。

これにはかなりビックリしました。

いつもは「トイレ寒いから行きたくなーい」と、こちらがどれだけ言ってもなかなか言ってくれないので(^^;;

「そうか! 自分の中から湧き出すモチベーションがあれば、苦手なことでも勝手にやってしまうのか!」

ということに、改めて気づいたのでした。

しかも、トイレで手を洗ってキッチンに戻って来た娘は、

  • 冷蔵庫の中にあったロールケーキの箱を自ら取り出し、
    (背が小さくて届かないので、自分の椅子を冷蔵庫のそばまで運んで、手を伸ばしていました)
  • さらにテーブルの上に運んで箱を開け、
  • ケーキを包んでいたビニルを剥がし、
  • そこから自分でお皿とフォークを取り出してきて

バクッと食らいついていました。

普段は親がやっていることなのですが、自分の中から湧き出す意欲(モチベーション)があれば、自然と自分の手でやってしまうんだなぁ、と感心しました。

「そうかー。普段は『トイレに行きなさい!』『手を洗いなさい!』とか言ってしまうけど、それだと動けないんだなぁ

「それよりも、その行動や手段の目的や意義を伝えることが大事なんだな」

「もっと言うと、子ども自身にやりたいことがあり、『そのために、この行動が必要だ!』となれば、自然とやるんだなぁ」

ということに気づいたのでした。

もう少し整理すると、

  • 「何をするか」(What)とか「どういう風にするか」(How)というよりも、「なぜその行動をするのか?」(Why)を伝えるのが大切
  • そして その“Why”が、子どものモチベーションに直結していることが非常に重要

ということになります。

自分自身を振り返っても、人から「こうしなさい」と言われたことはやる気にならないです(^^;;

でも、自分の中に「やりたい!」と思うことがあって、「そのためには、コレとコレが必要だよ」と知ると、自然とその行動を取ってしまいます。

外部から言われるよりも、内部のモチベーションからこそ、本当の行動が生まれる

ということを、子どもの様子から再確認したのでした。

初めての食器洗いもしていました。

で。ケーキを食べ終わった娘は、空っぽになった包装箱とビニルをゴミ箱に捨てに行き、お皿とフォークを流しで洗うこともしていました。

食器洗いは今までやったことがなかったので、妻が横について教えていましたが、「自分がやりたい!」と始めたことであれば、新しいことも自然に学んでいく、という様子も目の当たりにしたのでした。

子育てをしていると、その外部の行動ばかりに目を向けて、「アレをしなさい」「コレをしなさい」と言ってしまいがちです。

ですが、これでは子どもは動けないんですよね……。

そうではなく、

  • 子ども自身の「好きなこと」や「やりたいこと」に目を向け
  • そのモチベーションを湧き立つきっかけを与え
  • その上で必要な知識や方法を伝えていく

という風に、内面に目を向ける姿勢が大事だと実感しました。

日々の生活に追われると忘れてしまいそうですが、時おり振り返って子育てに活かしていきたいです!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください