ライフスタイル

「人のため」という気持ちは偽り?!自分の行動基準を見直してみた

「人のため」と書いて「偽(いつわり)」!?

「人の為(ため)」と書いて「偽(いつわり)」と読む。

という話を聞きました。

自分にとってはかなり衝撃でした。

なぜなら、僕自身は普段の生活の中で「誰かのため」を行動の基準にしていたからです。

いえ。「誰かのため」に動いているのに気づいたのも、つい昨日のことでした。

いま学んでいる講座があるのですが、その中で

今日1日を振り返って

  • 自分がどんな行動を選択したか?
  • そのときに、どんな基準で判断したか?

を書き出してみましょう

というワークがあったんです。

で。そのワークをやってみると、

「うわ! オレって、“自分のため”に全然動いてない!」
「“誰かのため”ばっかで行動を決めてる!」

ということに気づいたのでした。

例えばですが……

  • 妻が仕事で忙しいだろうから、“妻のため”に晩ごはんを作ろう
  • カレーを作るとき、冷蔵庫にニンジンが3本あって、全部使うと多いかと思ったけど、“子どもの栄養のため”に3本使おう

みたいな感じです。

果ては、

  • Facebookのお友達の投稿に「超いいね」を付けようとしたのに、他に「超いいね」を押している人がおらず、普通の「いいね」と「ウケるね」だけだったので、“周りの人に合わせるため”に普通の「いいね」を押した

ということもありました。

“妻のため”と“子どものため”はまぁわかるにしても、“周りの人に合わせて「超いいね」をやめた”というのは、なんだか滑稽ですね(^^;;

自分自身の行動ではありますが、こうやって振り返って、

「そんな風に普段の行動を決めてたん?」
「どれだけ人の顔をうかがってんの?!」

という発見があったのです。
(あ。でも、自分を責めたりはしてません。「そうなのかー」「自分ってそういう奴だったのかー」と笑いながら、「じゃあ、今度からどうしようかな?」を考えてます(^-^))

んで、こんな風に「自分の行動基準は“人のため”という傾向がある」ということに気づき、講座の主催者さんにワークを提出させていただいたのでした。

すると、主催者さんからお返事があり、その中に

人の為と書いて偽と読む・・・ことからも
時々は自分を優先させてあげてください

というお言葉があったのです。
(ありがとうございます〜(*^^*))

読んで、めっちゃハッとしました。

「そうかー。“人のため”とは言うけど、偽り(いつわり)とか偽(ニセ)になっちゃうことってあるよなー」

……と。

そして、「偽」の語源をネットで検索してみると、またもやハッとする情報に出会いました。

「偽」の語源とは、まず「為」という漢字を紐解く必要があります。「為」とは 「手」と「象」から出来ています。人間が象を手なずける様子を表しています。 そこに人偏がつくと、人間が作為的に手を加え、本来の性質や姿を矯め直すと いう意味になるそうです。要するに人の作為で姿を変える、正体を隠して上辺を 取り繕うという意味から「いつわる」となったとされています。

『人の為と書いて「偽」| 光華女子学園』より引用

この文章から、

「そうかー。“人のため”と言いながら、結局は“自分のため”を求めていることが多いかも……」

ということにも気づきました。

つまり、「為」という字が人間が象を手なずけるところから来ているように、“人のため”というのは、自分の思い通りにコントロールしようとすることでもあるわけです。

さらに、この文章には続きがあって……

ところで、私たちは日常生活の中で、よく「誰の為にしてあげたと思ってるの」 「あなたの為を思ってしてあげたのに」などの言葉を使ったり、聞いたりすると思います。しかし、突き詰めていけば、自らの尺度・基準の中で都合の良し悪しを判断し、行動に移しているのであって、その者の本来のあるべき姿に私達が手を加えている「偽り」とも言えるのではないでしょうか。

『人の為と書いて「偽」| 光華女子学園』より引用

ということも書かれていました。

すごいです、光華女子学園さん!

たしかに、「あなたのために」と表面では言いながら、心の奥では

  • 「オレに感謝しろよ!」
  • 「今度はあなたがオレのために何かしろよ!」

という気持ちで、自分の価値観を押し付けることがあるなぁ……と。

あ。もちろん、“人のため”に何かをするのが悪いことだとは言いません。

https://tsujibayashi.com/archives/3582

「誰かのために頑張ろう!」という気持ちがあることで、たくさんの行動を起こせたり、自身の充実感につながることもあるので。

ただ、“人のため”と言いながら、その裏に“自分のため”という気持ちがあるのは違うかな……とは思います。

それは、本当は「自分のために行動したい!」という気持ちがありながら、それを隠して無理に動いているということですから。

言い換えると、本来は“自分のため”の行動なのに、表面だけ“人のため”というレッテルを貼っている、ということ。

そして、“相手のため”と言いながら、「相手を自分の思い通りに動かそう」となってしまうわけですね(^^;;

なので、ベストなのは、

  • “自分のため”を十分満足させて
  • “自分のため”なんかこれっぽっちも考えなくなった状態で
  • 自然と湧き上がる「あの人のためにこれをしたい」という気持ちで
    (ある意味、これも“自分のため”ではありますが)
  • その人のために、何の見返りを期待せずに行動すること

なのかなー、と思います。

ここまで行くと仙人の領域なので、すぐには難しそうですけど(^^;;

ただ、今回 僕は“人のため”に偏りがちな自分を発見したので、少し“自分のため”を意識してバランスを取っていきたいと思います☆

もしあなたが“誰かのため”で物事を判断していたり、人の顔色をうかがって普段の行動を起こしているとしたら、少しでもご参考になれば幸いです(^-^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください