子育て

男が子育てで幸せを感じるには努力と鍛錬が必要なのかもしれない

男にとって子育てとは修行なのではないか?

子どもが風邪を引いております。

ひどい風邪ではなくて、上の写真のようにトイレ掃除を力強くお手伝いしてくれるのですが、幼稚園はお休みしております。

なので、元々あった自分の予定はキャンセルし、子どもと一緒に家で過ごしております。

あ。現在、妻は仕事で出張中で、4歳の娘と僕の二人暮らしになっております

以前はこんなとき、「なんでこんなことに!?」「自由に動きたい!」と思ったものでした。

けれど、今日はそんな気持ちは湧かずに

「一緒に過ごせてうれしいなー」

と思っています。

もちろん元気でいてくれて、幼稚園に通ってくれる方がうれしいですが、一緒に過ごせる時間は本当に宝物だなぁ、と。

冒頭の写真のように「トイレのおそうじ、てつだう!」と自ら言い、初めてトイレ掃除する現場を見ることもできましたし。

「なんで、風邪の時にそんなに手伝いたがるねん!?」
「ゆっくりせーや!」

というツッコミもしつつ、子どもの成長を間近で見てほんわか幸せを感じています。

ただ、最近感じるのは、「子育てを楽しむためには努力が必要!」ということです。

そして個人的な感覚では、「男性の方が努力が必要なのでは?」と感じています。

というのも、妻はずっと子どもと自然体で接しているようなのですが、僕はそうではなかったからです。

以前は、子どもと一緒にいるとイライラしてしまったり、極端に疲れたりしていました。

しかも、子どもの方も「ママの方がいい!」と言って、あまり僕に近づいてくれません。

我が家は、妻が海外へ行く仕事ををしているので、半ば強制的に僕と娘が一緒に居ないといけなくなったのですが、そこには沢山の涙と汗のドラマがありました( ̄▽ ̄;;

  • 子どもといる時にツライ気持ちばかり湧いて、自己嫌悪になったり
  • 仲良くなりかけても、自分の仕事を邪魔されて怒ってしまったり
  • 家事と仕事と子育てを全部やるので、めっちゃ消耗してしまったり

という感じで、苦しいことが沢山あったのです。

けれど、そういった課題を一つ一つ乗り越える努力をして、自分の精神や能力を鍛錬することで、子どもと一緒にいて自然体で幸せを感じられるようになりました。

だから、自分にとっては

子育てで幸せを感じられるのは、不断の努力の結晶である

と思っています。

そして、この努力と鍛錬はこれからもずっと続くと思っています。

だって、今日も娘と一緒にいて「イラッ」とすることがやっぱり起こっているから……。
(さっき「ほんわか幸せ」って書いたばっかりなのに( ̄▽ ̄;;)

そんなわけで、

  • 今日感じたイライラの原因を考察しつつ、
  • それを子どもにそのままぶつけず、
  • どういう風に過ごせば心地よくなるかを探りつつ

次のステップへ進みたいと思います。

子育ては日々修行ですね☆

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください