子育て

大型児童館『ビッグバン』は大人の運動不足解消に効果的!かも

大阪の大型児童館ビッグバンは大人の運動不足解消にイイ!!

大阪府立大型児童館『ビッグバン』へ行ってきました。

一昨日、子どもが遠足で行ってきた、

「楽しかった!」
「もう一回行きたい!」

と言ったので(さらに割引券ももらってきたので)

「じゃあ、さっそく行ってみよー♪」

となったのでした。
(現在、妻が仕事で出張中のため、僕と娘 二人でのデートとなりました)

けっこう我が家の近所にありながら、訪れるのは初めて。

約20年前(1999年)に出来たそうで、そこそこ評判は聞いていたのですが、今まで機会がありませんでした(^^;;

なので、親である僕としては「満を辞しての初ビッグバン!」ということになります。

で。実際に行ってみて一番に感じたのは……

「もっと早くに行っておけばよかった!」

ということ。

これは「施設そのものが良い!」という意味もありますが、ぶっちゃけて言うと……

「あちゃー。けっこう古びれとる」

と感じてしまったからです。

例えば、コンピューター系のアトラクション(?)を見ると……

いつの時代のデザインや?!

「いつの時代のデザインや?!」と突っ込みたくなりました( ̄▽ ̄;;
(「電子動物園」というもので、子どもが描いた絵を読み取り、大きなモニターに表示させて動かしてくれます)

きっと20年前は最新鋭のものだったのでしょうが、この20年間のIT技術の進化は凄まじかったのでしょう。「これやったら、家庭のスマホやタブレットの方がオシャレやで!」という感じだったのです。

なので、

「もっと早くに来ていれば、もっともっと楽しめただろうにーーー!」

と思ってしまったのでした。

ですが、ビッグバン。
このビッグな名前のとおり、こんなところで終わりではありませんでした。

建設時には『銀河鉄道999』の松本零士先生も関わっているということもあり、数々の面白い工夫が施されていたのです。

中でも圧巻だったのが、アスレチックの数々。

ワニのような恐竜のような大きな口に入って遊べます

ワニなのか恐竜なのかよくわからない巨大生物のオブジェの中を行き来できたり、

こんなアドバンチャーちっくな吊り橋があったり

こんなアドバンチャーちっくな吊り橋があったり

4歳の娘が四苦八苦しながら登った遊具

4才の娘が四苦八苦しながら登った、こんな遊具もありました。

屋内でありながら、めっちゃ体を動かして遊べます。

雨の心配がいらないので、休日などに子どもと遊びに来るにはめっちゃ良いです。

たしかに「古びれてる」という印象ですが、大きな遊具が豊富なので、子どもたちはフツーに楽しく遊べるわけです。

そして、小さい子どもが動き回れば、大人もそれに付いて動くので、大人もカロリーを消費するんですよね。

が、何より驚いたのが、『遊具の塔』でした。

大変申し訳ないのですが、ここからは写真がありません。

なぜなら、スマホを持っていかなかったから

この『遊具の塔』は

地上25m(4F)~53m(8F)の空間を8層に区分し、垂直遊具17アイテムを設置した室内型の遊び空間。
53mの高さをほこる巨大なジャングルジムです。

ビッグバンの公式サイトから引用

とのことで、この入口のところにも「荷物はロッカーに預けてください」という表示がありました。

うちの子どもはまだ4才で

「きっと大人のサポートが要るな」
「かなり僕もキツイだろうな」
「荷物は完全に持たない方がいいな」

と考えたので、スマホを含め持っていたものを全部ロッカーに預けたんです。

で。その判断は正解でした。

「スマホ、持ってなくてよかった!」

と思うくらい(しかも、赤字で書くくらい)、ハードな遊具の数々だったのです。

いえ。たぶん小学生以上になれば軽々と楽しめて、実際、今回も小学生くらいのお兄さんお姉さんたちが縦横無尽に動き回っていました。

ですが、まだ未就学児である娘には、数々の難関が立ちはだかるような空間で……

親である僕も、めっちゃ必死にサポートして上まで登っていったのでした。

もちろん、そのぶん最上階にたどり着いた時は感無量でしたし、娘も新たな挑戦ができて また一つ成長した様子でした(*^-^*)

そして何より、めっちゃ体を動かすことができました♪

最近まだまだ寒くて、体を動かす気分にならず、少し運動不足気味でしたが、このビッグバンで一気に解消された感じです。

なので、ちょっと古びれた雰囲気であっても、子どものサポートが大変でも、自分の健康のためにもなるので来てよかったなー、と思うのです。

そんなわけで、大型児童館ビッグバン。おすすめです☆

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください