働き方

好きだと思っていた仕事に疲れたら?自分の働き方を見直すチャンス!

好きだと思っていた仕事に疲れたら?

「これからの仕事どうしよう?」と相談しました。

4才の子どもに。

きっと仕事のことや社会のことは全然わかっていない年齢ですが、だからこそ純粋な意見を聞けると思ったんです。

その予想はドンピシャでした。

「今まで“好き”と思ってやってた仕事が、疲れちゃったんだよね……」

と言ったところ

「休めばいいじゃん」

と返ってきたのです。

思わず「ホンマや!」と反応しました

純粋無垢な4才児、スゲえです!

「好き」だと思っていた仕事に疲れました

ブログへのご来訪ありがとうございます!

いきなりぶっちゃけ話になりますが、今まで続けてきた仕事がイヤになりました。

もともと「好きだー!」と思っていたことなのに、「もうイヤだ……」と感じるようになったんです。

いえ。もっと正確にいうと、

  • これ以上続ける自信や気力がなくなった
  • なんだかとっても疲れてしまった(パトラッシュ・・・)

という感じです。

そして、それを子どもに相談したところ、「休めばいい」という回答が返ってきました。

「まさにその通りだ!」と思いました。

いったん休むことで、自分の働き方を見つめ直し、仕事のスタイルや方法を再構築することができるからです。

好きな仕事に疲れた原因は?

とはいえ、長く続けてきた仕事を休むには勇気が要ります(^^;;

あと一ヶ月ほどで 今まで関わってきたプロジェクトが終了するのですが、その後も同じようなサービスを続けようかと思っていました。

だって、

  • 今まで続けてきたことで、やり方に慣れているし
  • 今お付き合いのあるお客様に、継続してサービスを受けてもらえるかもしれないし
  • そもそもニーズがあることがわかっているし

ということで、ビジネス的には継続した方がメリットがあるからです。

ただ、先ほどの通り、今までの仕事でかなり疲れてしまいました(^^;;

それは仕事の内容がハードだったとか、長時間の作業になったとかそういうことではなく、

自分のスタイルに合わない

ということが原因だったのです。

「自分に合わない」ことに気づいた

いえ。元々は自分の“好きなこと”を生かしてできる仕事だったので、とっても楽しかったです♪

ですが、続けていると、

「あれ? なんだかしんどいな」

「あ。こういうことは自分にとって不快だな」

ということが見えて来ました。

これはきっと、どんな仕事でも、あるいは趣味でも起こることでしょう。

最初は純粋に好きで楽しんで取り組めていたことが、継続する中で違和感や不快感が見えてくる

けれど これって、実はすごく良いことだと思うのです。

違和感からより良い形が見えてくる

違和感や不快感って、自分がこれからより良く進むためのサインです。

違和感や不快感と同時に、本当に快感や使命感(=やりがい)を感じる部分も見えてきて、

「自分が本当にやるべきことはコレ!」

というのが明確になるからです。

ある意味、仕事のやり方や姿勢が明確になり、“好きなこと”に対する精度が上がる、とも言えます。

ただ、問題も起こります。

よくその“精度”が上がったことで見えると、今までの仕事のスタイルや方法が苦しくなってしまいますから……(^^;;

まさにこれが、今の僕に起こっていることです。

好きな仕事から感じた違和感

ここからは僕の個人的な話になりますが、よかったらお読みくださいm(_ _)m

インターネットが好きでした

僕はここ数年間、インターネット活用をサポートする仕事をさせていただいてきました。

ホームページやブログを立ち上げたり、その後の記事の書き方やメンテナンスをお手伝いする、といったことです。

もともと学生時代から趣味でホームページを作ったり、ブログやSNSで発信したりしていたので、まさに自分の“好きなこと”を仕事にできたわけです。

ですが、続けていると違和感が湧いて来ました。

ネットのサポート業務の中で、お客様のブログやHPを作成させていただいたり、記事をアップさせていただいたり、といった“作業代行”をするようになりました。

これが自分にとって、意外にもキツかったんです(^^;;;

車の運転に例えるなら

僕はインターネットでの発信を「車の運転」に例えるのですが、こういう“作業代行”は、「誰かの運転手になる」ということです。

でも、「僕は他人の“運転手”になるのはイヤだ!」という気持ちに気付いたんですよね。

「僕はあくまでも自分の車を運転するのが好きなんだ!」
(=自分のブログやホームページで発信することが好き)

「誰かの車を運転したいわけじゃない!」
(=他人のブログやホームページの作業代行は自分に合わず、むしろ激しく消耗する)

「できるとしても、運転を教えるくらいしか僕にはできない!」
(=相手の方のブログやホームページを、ご自身で管理できるようにノウハウや知識をお伝えする)

という感じで。

仕事の内容ではなく関わり方が大事!

つまり、何が言いたいかというと、

同じ内容に見える仕事だったとしても、そこへの関わり方によって、自分が“やりがい”(快感や使命感)の感じ方が全く変わる

ということなんです。

僕は「インターネットでの発信」が好きで、それを仕事にさせていただきましたが、

  • その“作業代行”(他人の運転手になること)はイヤで
  • あくまでも“自分で発信すること”(自分の車を運転すること)が大好きで
  • だから、“自分で発信できる人”(ご自身の車を運転できる人)を増やしたい!
  • となると、できるのは作業代行ではなく、“知識や方法を教えること”(運転の教習)くらいやん!

という結論に至ったのでした。

「イヤなこと」から未来が見えた!

とはいえ、「作業代行もします」と言ったのは僕自身ですし、そのお仕事はしっかりと責任もってこなします!

それに、作業代行の仕事をすることで、自分に合ったスタイルが見えて、“好き”の精度も上がったので、むしろ喜ぶべきことです。

ただ、「ずっと続けられるか?」というと そうではないので、「これからの仕事をどうしようか?」と悩んでいたのです。

ですが、4才の子どもに相談することで、解決の糸口は見えました!

「休めばいいじゃん」

子どもがこう言ってくれたように、今の仕事が一区切りするところで一旦休めばいいんだな、と。

仕事に疲れたら働き方を再構築する

いえ。「休む」というよりも、「仕事のスタイルや方法を再構築する」ということですね。

今までの仕事の経験で

  • こういうやり方は消耗する
  • このスタイルだと継続できない

と感じた部分をできるだけ減らし

  • 自分が快感や使命感を感じるのはコレ!
  • こういう形で世の中に貢献したい!

という部分をより大きくする

こういう見直しをすることが、仕事で疲れたときにめちゃくちゃ大事だなー、と感じたのでした。

なので、「仕事に疲れる」「やる気がなくなる」「仕事をイヤだと感じる」というのは決して悪いことではなく、これからの仕事のスタイルを再構築するサインなのだな、と思います。

そんなわけで、子どもに助言されたとおり、今の仕事が一区切りしたら一旦休んで、自分の働き方を作り直したいと思います!

もしあなたが仕事に疲れたりやる気を失うことがあれば、よかったらご参考になさってください(^-^)

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

POSTED COMMENT

  1. アバター みっちゃん より:

    バヤさん、おはようございます!
    そうなのか〜。

    ゆっくり休んで働き方を見直されて下さい。

    人生にはいろんな時期があると思いますので、今は休んで、またバヤさんにとって心地よい働き方を見つけてくださいね。

    私も書くことが好きです。
    以前、あるコミュニティでブログ部にスカウトされました。

    仕事の内容は、他人のインタビューを記事に書き起こすというものでした。

    確かに作業としては、「書く」ことなんですが、ものすごく自分自身が消耗しました。

    本当に疲れてしまい、仕事自体が嫌になってしまったので、それからは依頼をお断りしています。

    ブログの記事にする前の段階のインタビューならいいかもしれないと思い、インタビューをしてみましたが、こちらの方がまだ疲労度は少なかったです。

    むしろ、楽しかった。

    私には、人の気持ちを引き出していくのプロセスは好きだけど、出された結果を清書して書くことには、あまり興味がないみたいです。

    やはり、自分や他人の非言語を言語化するプロセスに喜びを感じるのだと思います。

    そんな事も、ブログ部のシンドイ仕事を通して気づけたので請け負ってみてよかったと思います。

    「やってみないとわかんない」が目下のわたしの標語だったりします。

    ステキな恋人の娘ちゃんは、
    バヤさんのプライベート ティーチャーなんですね〜╰(*´︶`*)╯♡

    • みっちゃんさん >
      ありがとうございます!
      ブログ部のお話、とても参考になります!!

      同じ「書く」という作業でも、どこのプロセスなのかによって全然変わりますねー

      貴重なお話をありがとうございます(*^-^*)
      そして、「やってみないとわかんない」は本当にその通りだと思います!

      おっしゃっていただいたとおり、来月からしばらくはお休みしますーーーー
      (でも、ブログを書くことは続けます♪)

  2. アバター 夏夕 より:

    今朝、まさにこれを感じたところでした。母校で前期4~7月だけ、非常勤講師をしているのですが、1対大勢で教えるのがものすごくイヤだということに3年目にして気づいてしまって(^_^;)

    伝えるのはイヤじゃないけど、カリキュラムが間に合わないので、躓いてる子をほったらかしにしないといけないんですよね・・・。同じならマンツーマンで教えたいという本音に気付いてどうしようと思ったところです。

    「休めばいいじゃん」って名言ですね。私もどうやって休むか考えます♪

    • 夏夕さん >
      コメントありがとうございます!

      夏夕さんもでしたかー。シンクロですね♪

      僕も3年目くらいにして、ようやく気づいた感じです(^^;;

      「休めばいいじゃん」を合言葉に、どうやって休むかお互い見つけましょう〜〜〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください