子育て

子どもの体調に不安を感じたら“かかりつけ”以外の病院でも診察を

子どもの体調で不安を感じたら別の病院を受診しよう

先日、子どもが体調を崩しました。

始業式の日に発熱してしまった!
始業式の日に子どもが発熱して見つけた“幸先のいいスタート”今日は子どもの幼稚園の始業式です。 おかげさまで“年中さん”に進級しました。 ・・・が、 当の本人が今朝、発熱...

幼稚園の新年度しょっぱなから欠席してしまったわけですが、その日のうちに小児科へ行き、熱もいったん下がり安心していました。

が、昨日ふたたび熱が上がり、今日は咳がかなりひどくなりました。

「あれ? 一昨日の小児科では、特に異常なしって言われてたのに?」

「『胸の音はキレイ』って言われていたのに?」

そんな疑問が浮かび、「心配だから別の病院で診てもらおう!」となり、妻が別の総合病院へ子どもを連れて行ってくれました。

その結果、お医者さんから言われたのは

「気管支炎ですね」

というもの。

「えーーー? めっちゃ肺に異状が出とるやないかーい!」

「ぜんぜん『肺の音がキレイ』とちゃうやないかーい!」

と、思わず心の中で突っ込んでしまいました。

妻から「気管支炎だった」とLINEがありました

当初は「アデノウィルスとかエンテロウィルスかも……」とも考えていたので、それで無かったのはよかったです。

ただ、先日の小児科と診断結果が完全に食い違っていたのはビックリでした。

いえ。もしかしたら、一昨日から今日までの間に症状に変化があったのかもしれません。

今日、その小児科に行ったら、「肺の音がよくないです」と言われてかもしれません。

ですが、その小児科には普段からお世話になっていて、その度に「肺の音はキレイ」「咳が出るのは鼻水が喉に流れているからですねー」と言われていました。
(いわゆる“かかりつけ”のお医者様なのです)

あ。書きそびれてしまったのですが、実は咳の症状は以前から続いていました。

2ヶ月くらい前からズルズルと小さい咳が続き、今日 明らかにひどくなったというわけです。

ですので、この2ヶ月は何回も その“かかりつけ”の小児科に行ったのですが、その度に「肺の音はキレイ」と言われていました。

そんな事情から、「この子の咳は鼻炎が原因であって、肺に特に異状はない」という解釈で、ずっと過ごしていました。

ですが今日、他の病院へ行って、「肺がヤバイ」という診断を突きつけられたのでした。

「おいーーーー! いつも行ってる小児科って、ヤブ医者なんか?!」

とも思ってしまいました。

けれど、そんなのは素人にはわからないことですし、今まで長い間いい感じで通わせていただいて来ました。

なので、今日のことだけで、良し悪しを決めるのは良くないでしょう。

ただ、一つだけ確かなことがあります。

それは、「一つの医院だけに頼るのではなく、複数の医療機関で診断してもらうのがいい」ということ。

特に、「症状が長引いたり違和感を感じたときは、別の病院で診断を受けた方がいい!」と強く感じました。

やはりお医者様といっても一人の人間なので、ミスもあるでしょうし、思考や判断に偏りが出ることもあるでしょう。

ですので、ある医院では「特に問題なし」と言われていたことが、別の医療機関に行って「問題あり」となることも可能性として十分にあるわけです。

もちろん3つも4つも診察を受けてしまうと、時間も手間もかかってしまうので(あと、保険の無駄遣いにもなってしまいますね(^^;;)

「長引くなぁ」「なんか怪しいなぁ」と思ったときは、最低もう一つの医療機関で診てもらう!

ということは必要だなぁ、と。

今日の「気管支炎」という予想外の診断から、そんなことを感じたのでした。

平たく言うと「セカンドオピニオンを聞く」ということですね。

大切な子どもの健康のことだからこそ、複数の意見を取り入れるようにしたい、と思ったのでした。

今はインターネットの普及によって情報を簡単に収集することができるので、一般人もしっかりと知識をつけて、複数ある医療機関をうまく利用できたらいいなー、と考えています。
(あ。でも、ネットの情報だけに依存するのは良くないです! 信頼性の低い情報も多いので。健康のことを判断するには、やはり専門のお医者様に診てもらうのが必須です!)

今回の我が家の経験が、少しでもご参考になれば幸いですm(_ _)m

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください