メンタルマネジメント

苦しい状況から脱却するには?意識を向ける方向を○○へ!

苦しい状況から脱却するには?

「なんでこんなことになるんだ!?」

と、心の中で叫んでいます・・・。

稲刈りが進まない!

こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。

今月の初めから始まった稲刈りですが、なかなか進みません。昨日から天気も回復して本格化したのですが、それでも進みません。地面が全く乾いてくれず、足が取られてしまいます。なんかもう……とっても悪い状況です(T-T)

そんな状況の中にあると、「なんでこんなことになるんだ!?」という感情が生まれて来ます。

先日の記事にも書いたのですが、どんな仕事であっても足場が整っていないと、物事は上手く進みません。

足場を固めるって大事!農業から学ぶビジネスの秘訣とは?
足場を固めるって大事!農業から学ぶビジネスの秘訣とは?「足場を固めるって本当に大事だ!」ということを実感しています。 昨日より稲刈りを始めました。 ですが、今年は予想以上に足元が...

現在の稲刈りは、この足場が全く整っていない状態なのです……。

けれど、稲の収穫に適した時期はもう終わってしまいますし、機械も友達と共有しているので、次に回さなければなりません。だから、この悪環境でも前に進まないといけないのです。

ですが、当然のことながら、足元がめっちゃ悪いのでスピードが出ず、思うように進みません。

もうホントに、この10月は予想外に雨が多かったので、地面が全然乾かないのです。
(晴れの日が続いても、それまでの降水量が多いと地下に沢山の水が残っており、地面の上から水が引いてくれない……)

「今までで最悪や!!」

と言わんばかりに、稲刈りが進まなくなっています……。

なんでこんなことになったんだ?!

こんな時に考えるのは、先ほどのように「なんでこんなことになったんだ?!」ということです。そして、この思考はめっちゃ大事です。

物事が上手く進まないときは?
物事が上手く進まないときは?失敗から成長につなげる秘訣!「お前は停滞する」 ということを神様に言われました。 いえ。僕には霊感などはないので、実際に声が聞こえたわけではありません。...

こちらの記事にも書いた通り、停滞しているときは失敗を見つけるタイミングであり、その失敗から次へ繋げることが大事です。だから、今も思うように進まない状況の中で失敗を見つけ出し、改善策を考えています。

ただ、実はこれだけだと今の状況を打開することはできません。改善策を思いついても来年からの栽培には活かせますが、目の前にある困難を乗り越えることはできないのです。

いわば、「失敗から改善策を見つけ出すこと」は長期的な視点では有効であっても、「現在の状況を打開する」という短期的な問題には対処できません。

むしろ、「なんでこんなことになったんだぁーーー!?」という思考は、今の状況にイライラする感情を生み出し、余計なエネルギーを消耗してしまいます。

ですから、事態を進展させるには別の思考が必要になるのです。

今回の「地面がぬかるんでしまう」という失敗の改善策としては、「栽培の途中で地面を乾かすのがよかった」と考えています。

稲作の用語では「中干し」と言うのですが、稲が大きく成長した段階で田んぼの水を抜き、地面をカラカラに乾かすことをします。これは稲が余計な成長をしないために行われるものですが、我が家では肥料を使っていないので、そういった余計な成長はしないと考えていました。ですから、例年、中干しは行っていないのです。

けれど、中干しをしなければ、こんな風に稲刈りの時期に地面が乾かず作業が困難になります。昨年までは何とか乗り越えてきたのですが、今年の事態によって考えを改めています。

どうすればいいだろうか?

別の思考とは何かというと「どうすればいいだろうか?」というものです。思考というより「問い」と言った方がいいかもしれません。

「何でこんなことになったんだ?!」という問いをしても、全く今の状況は打開できません。ですが、

  • どうすればいいだろうか?
  • 今の状況の中で何かできることはないだろうか?

という問いを立てることで、意識の方向が変わります。

「何でこんなことになったんだ?」は過去に意識が向いていますが、「どうすればいいだろうか?」は未来へ向いています。

ですから、現在の苦しい状況から少しでもより良い未来へ向かうために、脳が思考し始めるのです。

自分がコントロールできることは何か?

そして、この「どうすればいいだろうか?」思考の中で重要なのが、自分のコントロールできることを見極めるということです。

今の僕が直面しているのは「地面がぬかるんでいる」という状況ですが、地面の状態をコントロールすることはできません。このまま晴れの日が続いて、土の中の水分が乾いてくれるのを待つしかありません。

ここをコントロールしようとしても無駄です。「地面よ、乾け!!」なんてことを思っても、魔法でも使えない限り状況は変わらないので、考えれば考えるほどイライラしてしまい、逆にエネルギーを消耗してしてしまいます……。

けれど、こういうことを多くの場合、やってしまうんですよね。今回も「何でこんなことに!?」「地面が乾いてくれさえすれば……」「早く乾けよ、コラ!」なんてことを考えてしまっています。

だから、こういった思考から脱して、自分がコントロールできることにだけ意識を向けることがポイントなのです。

今回のケースで言えば、

  • 「地面を乾かす」ことはできないけれど、「乾きやすくする」ために排水用の溝を作ることはできる
  • ぬかるみ過ぎているところは手作業で、それ以外のところは機械を使い、状況に合わせて作業形態を変える
  • 状況が整わずに本来の仕事が進まなければ、後に行う予定だった作業を事前に行って準備しておく

という風に、今の状況の中でコントロールできることを見極めるのです。そして、自分のできることを精一杯やっていきます。

そうすれば、「何でこんなことになったんだ?!」と考えて余計なイライラを感じることがなくなり、前向きかつ着実に事態を改善させていくことができるのです。

とにかく今できることを精一杯やる

ですので、一言でまとめれば「今できることを精一杯やる!」ということになります。

ぶっちゃけ、こんなシンプルなことなんですが、実際に仕事をしていると余計なことを考えてしまうんですよね……。さっきまでの「なんでこんなことにー?」とか「俺が何か悪いことをしたのか!?」とか。

そうではなくて、目の前のコントロールできることに意識を向けて、今の自分ができることを精一杯こなしていきたいです(^-^)

頑張ります!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください