子育て

堺市で子どもと遊びに行くなら?雨の日に3歳の娘とデートしてみた♪

堺市で子どもと遊びに行くなら?

「子どもと遊びに行きたいけど、休日はどこも混んでるしなぁ……」

「しかも、雨やからどこに行けばええやろ?」

昨日の朝、そんな悩みを抱えていました。

現在、娘は3歳。どんどん遊びたい盛りです。我が家は大阪の南の郊外「和泉市」にあるので、有名どころでは堺市の「ハーベストの丘」なんかが妥当なところ。ですが、昨日は雨で他に思い切り遊べるところがないか探したのです。

で。結論から言うと見つけました!

  • 屋内で思いっ切り遊べて
  • しかも、空いていて
  • そして、お腹いっぱい食べられる

そんな子どもとのデートコースをお伝えします!

キッズキャッスル堺へ

まず僕たちが朝から向かったのは『キッズキャッスル堺』でした。

以前から噂には聞いていたのですが、今まで行ったことがありませんでした。けれど、なぜ今回ここに決めたのかというと、「行きづらい場所にあるから」です。

堺の中心部から離れた海沿い……車でしか行けないような辺鄙な場所にあります。一応、堺駅・堺東駅・住之江駅からシャトルバスが出てるそうなんですが、地図で見る限り“変な場所”です。
(10年ほど前にシャープ工場の移転があったときに建てられたんですかね?←テキトーに言ってます)

ですが、「行きづらい場所」であるからこそ、ここに決めました。なぜなら、きっと空いているだろうから。

人が少なくてのびのび遊べる!

キッズキャッスル堺はのびのび遊べる!

そして、その予想は的中しました。土曜日というのにも関わらず、キッズキャッスル堺の中はかなり空いていたのです。
(あ。でも、この日は運動会だったところが多く、そのせいもあったかもしれません)

というか、キッズキャッスルが入っている『堺浜えんため館』全体を見ても、人が少なかったです。休日とは思えない……。「ここの経営だいじょうぶか?!」と少し心配してしまうほどでした。

【追記】
翌日の日曜日にも行ってみたところ、けっこう混んでいました。空いていた原因は、やはり運動会か何かのイベントがあったためと思われます(^^;; でも、「混んでいる」とは言っても、他の人気施設のように“芋洗い状態”ではなく、そこそこ余裕を持って遊べました♪

でも、ファミリーレストランやパン屋さん、フードコートも充実していて、ちょっぴりさびれた印象はありつつも、お値段がお手頃だったので、家族連れには優しい場所だと思います。

それに、3歳児を抱える僕にとっては、もっと有難いことがあったのです。

キッズキャッスルは0〜6歳向け

それは、「0〜6歳児向け」ということ。

他のキッズスペースや室内遊園地だと年齢制限がもっと高いです。だいたい小学生くらいまでは入れますよね。ですが、それだと小さい子が遊ぶのに心配です……。大きい子が走り回るのに巻き込まれる可能性がありますから。うちの子も、今まで小学生以上の男の子に突き飛ばされてきました(^^;;

ですが、キッズキャッスル堺だと、年齢が「0〜6歳」と決まっているので、激しい遊びをする年齢のお子さんがいないのです。だから、小さい子どもでも伸び伸び遊べます。

しかも、0〜18ヶ月の赤ちゃん専用のスペースもあって、そこで区分けがされているので、さらに安心。

小学校へ入るまでの子どもが遊ぶには打ってつけの屋内施設なのです。

優しい料金設定

そしてそして、何より嬉しかったのは料金でした。

多くのキッズスペースでは、土日だとどうしても料金が高くなってしまいます。平日は時間無制限で入れるフリーパスがあるところが多いですが、土日だと無くなって時間分の料金がかかります。

ですが、キッズキャッスル堺は、土日でも3時間パックの料金があったんです! 僕たちが行ったときには3時間で1,200円。お財布にもとっても優しい料金設定でした。

本当は大人が入るのに200円かかるそうですが、こちらのクーポンを使うことで、大人は無料となりました( ̄▽ ̄)
(あと、Facebookに「いいね」をするとサービスされる仕組みもあるみたいです)

平日には、この1,200円で時間無制限で遊べるので、とってもお得ですね!

それに何より、ここは駐車場が広くて無料なので、駐車料金のことを気にせず遊べます。ここも本当にありがたかったです(^-^)

ただし、一つ難点があるとすれば、施設内のタバコの匂いがきつかったところ……。キッズキャッスル堺はボウリング場とスペースを共有しているので、そこからタバコの匂いが漂ってくるのです。タバコを気にするご家族には不向きな場所だと言えます。

我が家も、このタバコの匂いはちょっとツラかったです。娘ではなく、僕が……orz

もう一つの穴場『クロスモール』

そうやって午前中からお昼過ぎまで、キッズキャッスル堺で過ごしたのですが、その後は別の場所へと移りました。行ったのは堺市の南部にある『クロスモール』

我が家は和泉市なので、キッズキャッスル堺からの帰り道に位置します。それに、この移動中に娘はお昼寝ができたので、バッチリのロケーションだったのです。

そしてそして、このクロスモールも駐車場は無料。時間を気にせず遊べます。

では、どんな風に過ごしたのかと言うと……

インド料理屋さんでカフェ

インド料理屋さんでカフェ

午前中からお昼過ぎまで遊ぶことに集中したため、お昼ご飯をしっかり食べられていませんでした。ですので、15時ごろになって、かなりお腹が空いてしまいました。

けれど、こういうときに困るのは、カフェなどで休憩するのが難しいこと……。小さい子どもがいると、どうしてもうるさく騒いでしまいます。また、店内が混雑していて、こちらもゆっくりできません。

……と、そんなときに目に留まったのが、インド料理屋さん。お店の名前を『ダンニャワード』と言います。そこの看板に「カフェメニュー」とあったのです!

しかも、本来は食事のお店とあって、カフェ時の店内はガラガラ。「これはチャンス!」と思い、ダンニャワードの中に入りました。

そして注文したのは、カフェメニューにあった「ピザナン」(600円)と「カシミールナン」(500円)。セットでドリンクも付けました(+200円)。

「カシミールナン」というのは、ドライフルーツやナッツが挟まれた優しい甘さのナン。実はこのダンニャワードはチェーン店で、他の店舗には家族でよく行っていて、娘はこのカシミールナンが大好きだったのです♪

しかも、やってきたナンは予想以上に大きくて、「これ、カフェメニューちゃうやろ!」「ふつーに食事メニューやん!!」という分量でした。

ピザナン、でかい!!

食べきれなくて最後は持ち帰り用に包んでもらいましたが、お得感がハンパなかったです(* ̄▽ ̄*)

それに何より、店内が空いていたので、3歳の娘ともゆっくり過ごすことができました。

遊キッズ愛ランド

そして、お腹が満たされた娘が次に向かった先……それは屋内型のプレイスペースでした。

「また遊ぶのかよ!」って感じですが、このクロスモールにも子どもが遊べる場所があるのです。

500円なのに時間無制限で遊べる!

その名も『遊キッズ愛ランド』。先ほどのキッズキャッスルほど広くない……というか、むしろかなり狭いのですが、動く遊具があって娘はとても楽しんでいました。

しかも、「時間無制限で500円」という有り得ないくらいリーズナブルな料金設定。これはもう遊び倒すしかありません!!

それに、とっても嬉しかったのは、子どもが遊ぶスペースとは別に大人が待機するスペースが設けられていること。ここからはプレイスペースを一望できるので、大人はゆっくり休憩しながら、子どもが遊ぶ様子を見守れます。

僕もここの休憩用スペースで娘を見守りながら、パソコン作業をしました。

あわせて読みたい
仕事と育児を両立するには?
子育てと仕事の両立するには?忙しいときこそ意識したい3つのポイント!「子どもの面倒見ながら仕事するって難しいーーーー!」 と実感しております(T-T) 妻がいないので…… こんにちは! 「農マド...

↑こちらの昨日の記事も、『遊キッズ愛ランド』で娘が遊んでいる間に書いたもの。

つまり、子どもだけでなく、大人にも優しい施設なのです♪

ただし、一つだけ注意しないといけないのは、「一旦退場すると再入場ができない」ということ。さすがにトイレには行けますが、他のお店へ行って再び戻ってくることは不可なのです。「時間無制限なんだから、いったん他の店で買い物して来よう〜」ということができないので、そこだけは注意なのです。

実はこの『遊キッズ愛ランド』、歯科医院が隣接しています。こうやって遊び場を作って子どもたちを集めて、歯科医院を認知させるというビジネスモデルを取っているのだと考えられます。それに、上の子が歯の治療をしている間に、下の子をプレイスペースで遊ばせられる、ということもできますよね。キッズスペースと歯科医院という、一見異色なものを組み合わせることで集客と収益を両立させているのは、とってもとっても勉強になります!

探せば見つかる遊びの穴場

いかがでしたでしょうか? 堺市で小さな子供と遊べる場所をお伝えしてきました。

かなり個人的なルートになってしまいましたが、こうやって見てくるとわかるのは、「探せば穴場スポットが結構ある!」ということです(^^)

しかも、意外と近所にあったり、先ほどの「インド料理屋でカフェ」というように視点を変えるだけで楽しめる場所もあるので、固定観念に縛られずに色々探してみるといいですよね♪

これから僕たちも、自分なりに探しながら家族で楽しめるスポットを見つけていきたいと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!