働き方

子育て中のお母さんを応援したい!家庭を大切にするためにこそ好きなことを!

子育て中のママさんを応援したい

「子育て中のママさんたちを応援したい」

ということを改めて思いました。

妻を応援することから始まりました

こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。

今日、10日間の海外出張に行っていた妻が帰ってきます。この間、僕は田んぼの稲刈りとネットの仕事と子育てを家で奮闘していました。

正直なところ、めっちゃ大変だったのですが、こうやって妻が外で活躍しているのは、自分としてはとても好き。彼女が自分の能力を発揮して、生き生きと働いている姿を見るのが好きなのです。

こうやって外へ出て働く妻を応援したいな、と思っています。

というか、もともと僕がインターネットでの仕事を始めたのは、妻がきっかけでした。妻は以前から小説を書く活動をしていたので、それを広めるためのマーケティングを学びたくて、インターネットでのビジネスを学び始めたんです。
(あと、農作物のネット販売など自分自身の活動のためでもありました)

そこから色々な経緯を経て、

  • 僕は田んぼしながらネットでも仕事する
  • 妻は外で働いて海外を飛び回る

というスタイルに行き着きました。「妻の小説を広める」という形ではなくなりましたが、今でも「妻を応援したい」という気持ちは変わっていないのです。

子育て中のお母さんを応援したい

そんな中、ちょうど昨日、ご依頼をいただいているサイト作成の打ち合わせがありました。

打ち合わせのお相手は、小さなお子さんを抱えるママさん。子育てをされながら、リアルでもネットでも様々な活動に取り組まれていらっしゃいます。その活動の一環として、今回サイト作成のお話をいただき、打ち合わせをさせていただきました。

以前からお付き合いのある方でもあったので、終始楽しくお話をさせていただいたのですが、この打ち合わせの中で、僕は大切なことに気づいたんです。

それは、冒頭でもお伝えした通り、そして先ほどのツイートにも書いた通り、

「子育てされているママさんを応援したいな」

ということです。

気づいたら周りにママさんばっかり!

というか、ふと振り返ると、今まで自分はそういった方々のお手伝いばかりしてきました。

  • 子育てしながら起業しようとしている女性のホームページを作る
  • すでにビジネスしているけれど、ネットのことに手が回らない女性のサポートをする
  • 子育て中の女性メンバーが多いコミュニティの運営に関わる

あるいは、インターネットの仕事だけではなくて、農業においても

  • 子育て中のお母さんたちが立ち上げたマーケットに出店する
  • 農業体験イベントを企画したら、子育て中のご家族がたくさん来てくださる
  • ネット販売にご興味を持ってくださるのも、子育て中のママさんが多い

という状況でした。

自分では意識できていなかったのですが、いつの間にか子育て中のお母さんたちと関わる機会を沢山いただけていたのです。

ママさんたちの持つ力

そして、僕が「子育て中のママさんたちを応援したい」と思うのは、単に「近くにそういう人が多いから」だけではありません。僕が出会って来たママさんたちは、優れたスキルや良質なコンテンツを持っていることが多いのです。

  • 生来の魅力とパワーで沢山の人を集められる人
  • 男性にはできなかった町興しの企画を立ち上げる人
  • 自分の興味のままに進んで、それをビジネスに変えていく人
  • 人の心をほっこりと癒したり楽しませてくれるイラストを描く人
  • 多方面への海外旅行や海外留学の経験を活かして旅行者を楽しませる人

などなど、数を挙げたらキリがありません。最後のは妻のことですが、本当に素晴らしいものを持っている人が多いと感じています。

だから、そういった“お母さんたちが持つ力”をどんどん発揮していただきたいのです。そうすれば、世の中がもっと良くなるんじゃないかと思います。

子育てや家庭を理由に止めて欲しくないから

けれど、そういった“本来持っている力”を発揮できずに止まっている方も多いのではないかと思います。

  • 小さい子どもがいて手がかかるから
  • 子育てで時間も心も余裕がないから
  • 家庭のことを優先したいから
  • 「女性は外へ出ない方がいい」と周りから言われるから

そんな様々な理由で、ご自身の持っているスキルやコンテンツを社会に届けられずにいるケースもあるはずなのです。

実際、「奥さん、外で働かない方がいいよ?」というのは、我が家も言われました。妻が海外添乗員の仕事に復帰したのは今年ですが、その時にそんなお言葉もいただいたのです。

もちろん、それは善意で言ってくれたことだし、お気持ちもすごくわかるのですが、今の時代はそうじゃないと思っています。むしろ、女性が持っている力をどんどん世に出していくのが良い時代だと思うのです。

あわせて読みたい
個性を発揮する時代へ
個性を発揮する時代へ!暗い社会に光を照らす方法とは?「自分の持つ本当の良さを発揮しよう!」 「自分にしかない個性を出していこう!」 そんなことを学びました(^-^) この...

↑こちらの記事にも書いたように、過去のルールや社会の慣習にとらわれず、一度“個人”というレベルに立ち返って、自らの情熱や能力を発揮していくタイミングだと思います。

そのためにも、女性の力は欠かせないのです。

だから、子育てや家庭のことを理由に、自らの能力や可能性を閉ざしてしまうことはあって欲しくないと思うのです。

子育てと家庭を大切にして欲しいから

とはいえ、「子育てを放棄しろ」とか「家庭を蔑ろにしろ」とか、そういうつもりは全くありません。むしろ、子育てや家庭のことは大切にして欲しいと思っています。

けれど、自分の持ってる能力を発揮したり、やりたい活動にどんどん取り組んだ方が、子育てにも家庭にも良い影響が生まれるのではないでしょうか?

実際、我が家では、妻が生き生きと外で働いている姿を見るのが僕は好きです。確かに、妻がいない期間は子育てと家事と仕事で大変になってしまうのですが、それでも妻の笑顔を見るのが好きです。そして、妻が自分の持っているスキルを発揮して、お客様に喜んでもらえているのが好きです。

そんな風に、ママさんたちが自分自身の能力を発揮することで、子育てや家庭にも良い循環を起こして欲しいんですよね。そんな応援を僕はしたいのです。

今の僕にできることを

とはいえ、具体的な方策はまだわかっていません。今まで出会ってきたお母さんたちは、ご自身の力で時間をやり繰りして、ご家族をきちんと話をしてご理解を得て、その上で活動をされていました。

だから、いくら僕が「子育て中のお母さんたちに自分の力を発揮して欲しい!」と思っても、結局のところ、ご自身で努力していただく以外に方法はなかったりします。

ただ、「そのご負担を少しでも和らげることはできるのかな?」とは思っています。

  • インターネット上での発信やサイト作成のお手伝いをする
  • オンラインで事務作業を代行して、ご自身の活動に専念してもらう

といった感じです。

今や、ボランティアでもビジネスでも、何らかの活動をするためにインターネットは欠かせなくなりました。インターネットで発信することで、自分の活動を多くの人に知ってもらえますし、自分自身の記録にもなります。ウェブサイトなど上手に仕組みを整えることができれば、自動で人と出会ったり、活動をPRできたり、販売もできちゃったりします。

だから、そういったところでお手伝いできたらと思うのです。

あ。それと、農業でもお手伝いできますね! 身体に優しいお米を育てて、それをお届けすることで、ご家族全員の応援をさせていただけます♪

ママさんたちと実際に関わりながら未来へ

……って、今日の内容は完全に個人的な呟きというか、自分自身の決意や方針を確かめるような記事になってしまいました(^^;

でもでも、「書いてる人のことを知ってもらう」という意味で、ブログの中に少しくらいこんな記事があってもいいし、世の中に一人くらいこんな人間がいてもいいのかな……と思っています。

まだまだ試行錯誤しながらではありますが、それでも関わってくださる方がいらっしゃるので、目の前のことに向き合いながら進んで行きます。

そして、現状でも“子育て中のお母さんたち”と関わらせていただくことが多いので、その中でこれからの具体的な方策やサービスなどを見つけていけたらと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください