2017年台風21号の記録!大阪の南部で見られた被害とは?

2017年台風21号の記録

こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。

……と、「こんにちは」と書きましたが、実は今は深夜の2時。台風21号の影響のため、自宅待機中です。

僕は地元の消防団に所属させていただいているので、こういったときには待機命令(または出動命令)が出ます。先ほど日が変わる直前までは、公民館での待機指示が出ていました。

そんなわけで、こんばんは「自宅待機」をして過ごすわけですが、待機中に今回の台風21号(2017年)の記録を残すべく、ブログを書いていきたいと思います。

珍しく地元に被害を与えた台風

今回の台風、僕の住む地域にしては珍しく大きな影響がありました。

こちらのニュース内にある「和泉市三林町」というのは、まさに僕の地元なのですが、いつもは台風の被害は余りありません。この和泉市の南端には、和歌山との県境に沿って和泉山脈があります。なので、この山脈が台風の風をブロックしてくれて、大きな被害にならないことが多いのです。

ですが、今回は先ほどのニュースのように、土砂災害の危険が高まりました。

今のところ、人的被害などは聞いていませんが、近隣の河川が危険水位にまで達したり、トンネル近くで土砂崩れが起こって通行止めになるなどの被害はありました。

こんな風に、今回の台風は少し特別な印象を受けたのです。

原因は異常な長雨?

ただ、この原因は台風による直接的なものだけではないと考えています。あくまでも私見ですが、今月の初めから稲刈りをしたり、刈り取った後の田んぼの様子を見ていたりすると、そんな感覚がするのです。

どういうことかというと、今月(2017年10月)は異様に雨が多かったということです。

苦しい状況から脱却するには?
「なんでこんなことになるんだ!?」 と、心の中で叫んでいます・・・。 稲刈りが進まない! こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。...

↑こちらの記事は10月10日のものですが、この中でもうすでに「10月は異様に雨が多い」と書いています。ですが実は、この後もさらに雨が続きます。

日本気象協会さんのこちらのページをご覧いただければわかりやすいのですが、10月12日から昨日22日までずっと雨のマークがついています(14日だけ「曇り」ですね)。

つまり、もう10日にも渡って、雨(または曇り)が続いているということになります。

ですから、当然のことながら、地面の含む水分量は多いですし、河川にも水が多く流れていたと言えます。

そこに、今回の台風がやってきたので、河川の危険水位や土砂崩れが起こったと考えられます。事前に雨続きだったことが、今回の被害を生んだと言えるのです。

刈り取った稲がピンチに……

10月にこういった長雨を経験するのは、僕にとっては初めてです。

というか、こんな風に天気を意識するようになったのは農業をしてからなのですが、僕が今の自然農法を始めてから8年。この8年間で、こんなに雨が続くことはありませんでした。

Facebookに思わず、「雨が続きすぎてピンチです」という投稿をしてしまったくらいです。

ですので、事前の長雨も含めて、今年(2017年)の台風21号は『雨の台風』という印象になりました。

ちょうど今(深夜2時40分ごろ)、リアルタイムで台風が僕の地域を通過しているところですが、風の音はあまり聞こえません(1時間ほど前、深夜1時半ごろに、強い風が吹いていましたが、すぐに収まりました)。聞こえるのは、雨の音ばかりです……。

大和川も氾濫した

また、ここからは離れてしまいますが、大阪の真ん中あたりを流れる大和川でも氾濫が起こったそうです。

大和川は大阪で二番目に大きい川なので、大阪府民にとってこれは大きなニュースですね。

近隣の方々のご無事を祈るばかりです。

そして更に、今回記録しておくべきことに、「台風が大阪を直撃したのは衆議院議員選挙の投票日だった」というものがあります。そうなんです。国家の代表を決める大切な日に、この台風21号は日本列島を直撃したのです。ですので、地域によっては投票所が早く閉まったりするところもあったとか。

また、先ほどの大和川の氾濫と関連しては、「ニュースで選挙速報ばかりやるな! 大和川の被害を伝えろ!」というツイートも多く見られます。これも何か、歴史的意義を持つというか、社会制度を変えるきっかけになるかも……と考えてしまいます。

台風に備えるために

いかがでしたでしょうか?

今回の台風21号は田んぼへの影響もあり、自分にとって大きなインパクトだったので、記録に残す意味でこのように書かせていただきました。

ただ、先ほどもお伝えしたように、今回の被害は台風によるものだけではないと思います。この10月全体の雨量が多かったことが、大きく影響していると考えています。

ですので、今後の台風に備えるためには「事前の天候がどうだったか?」という視点も必要だと言えるでしょう。

そしてその上で、農作物への対策をしたり、家屋や避難所をチェックしたり、何よりも自分たち人間の安全を守るための行動を取るべきだな、と感じました。

少しでもご参考になるところがあれば幸いですm(_ _)m

あー! とにかく無事にお米が収穫できますようにーーーー!! 天日干しさせていると、長雨のせいで発芽してしまうというケースもあるようなので、それが起こらないことを祈りますーーーーーーーーー(T0T)

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

足場を固めるって大事!農業から学ぶビジネスの秘訣とは?

足場を固めるって大事!農業から学ぶビジネスの秘訣とは?

自然農法の定義とは

自然農法の定義とは?いくつも種類があるって本当!?

お米の収穫量は多くない方が良い!?

お米の収穫量は多くない方がいい!?農業にもビジネス的視点を!

大切な仕事こそ脱力が大事!

大切な仕事こそ脱力が大事!農業をもっと遊ぼうと思います♪

農業は計画を立てない方がいい?!

農業は計画を立てない方がいい?!流れに任せる方向へ!

お米づくり

お米作りの現状とは?コメ農家が苦しいほど日本は幸せ ?!