メンタルマネジメント

気持ちが落ち込んだ時はどうしたらいい?見落としがちだけど簡単な対処法!

気持ちが落ち込んだときはどうしたらいい?

ちょっと気持ちが落ち込んでいます。

もう少し正確に言えば、ここ一週間ほどで疲れが溜まって、体も心も休みたくなっている感覚です。

ちょうど一週間くらい前は、「仕事が楽しい!」「仕事が好きだ!」となっていました。

あわせて読みたい
仕事を好きになるには?
仕事を好きになる秘訣とは?仕事という言葉から紐解いてみる!「仕事が好きだーーーー」ということを感じています(^-^) 仕事が好き。 「好きなこと」を仕事にする、ではなく、「仕事そのもの」...

↑こちらの記事も書いたのですが、「人のお役に立てることが幸せ☆」となって、どんどん動いていました。お仕事させていただけることが楽しくて楽しくて仕方なかったです。

ですが、約10日経った今はどうかというと、その気持ちは影も形もありません……。

  • 「休みたいーーーーー」
  • 「ゆっくりしたいーーー」
  • 「働きたくないーーーーーー」

という気持ちが8割くらいを占めています( ̄▽ ̄;;

じゃあ、「僕の仕事したい気持ちはなくなってしまったのか?」というと、そうではありません。「仕事したい!」「人のお役に立ちたい!」という気持ちは、ちゃんと心の片隅に残っていますし、ずっと小さくくすぶっています。そのうち、またタイミングが来たら、大きく燃え上がるでしょう。

そう。今は単に、燃える勢いが落ちているだけなのです。

もっとわかりやすく言えば、落ち込むサイクルに差し掛かったのだと思います。

人間というのは、調子の良い時もあれば悪い時もあります。ずっと調子の良い状態を維持するというのは至難です。どんなにモチベーションが上がっても、どんなに行動力が上がっても、それが永遠に続くわけではないのです。

あ。今、書きながら思い出したのですが、うちの家の庭には柿の木が生えています。何も手をかけず放置状態なのですが、今年は豊作です。たくさんの実をつけてくれました。ですが、昨年は全く逆で、めちゃくちゃ不作でした。夏の間に虫に葉っぱを食べられ、ほとんど一つも実をつけなかったのです。

こんな風に、自然界においても、良い状態もあれば悪い状態もあるわけです(特に、果物に関しては、こんな風に一年ごとにサイクルが変わることが多いそうです)

そして、人間も自然界の動物の一種なので、同じことが起こります。

もちろん、他の動物よりも知能が発達し、ここまで文明を築いて来たので、コントロールできる範囲は大きいです。けれど、どうあっても上がったり下がったりをするものなのです。

つまり、どれだけ「成長したい!」「成功したい!」と思っても、一直線に右肩上がりに進むことはないということです。必ず上がったり下がったりしながら変化していきます。

ですから、どんなに上手くいっている人だって、世の中で「成功者」と言われている人だって、上昇する時もあれば落ち込む時もあるということです。一気に目標まで一直線に進むことは稀です。

ただ、目指す目標や望む変化を効率的に進めるポイントはあります。それは何かというと、「落ち込んだ時に適切に対処すること」

世の中で「成功している」「上手くいっている」と言われる人は、実はここが非常に上手だったりします。どういうことかというと、

状態が悪いときに無理に動かず、状況を冷静に判断して行動する

という習慣を身につけているのです。

そう。「状態が良くなった時にどうするか?」よりも「体や心が落ち込んだ時にどうするか?」の方が重要ということなのです。

そして、先ほどは「状況を冷静に判断して……」と書いてしまいましたが、一言で言えば「無理せず休む」ということになります。

当然のことながら、日々の仕事はあるので思うように休むことはできないかもしれません。けれど、そこで焦って一気に仕事を進めようとしたり、効率化を図ろうと普段とは違うやり方をしたり……といったことはしない方がいいのです。あくまでも、淡々と着実に進める必要があります。

そして、その中で、できる限り自分自身の疲れをとって、癒す努力をするのです。もう少し具体的に言えば

  • 体に良い食事をする
  • お風呂にしっかり入って体の疲れを取る
  • 質の高い睡眠をとる

といったことでしょうか。

特に食事に関しては、忙しかったり疲れたりすると軽視しがちです。僕も忙しいと良くやってしまうのですが、コンビニのパンやスーパーのお惣菜などで済ませてしまおうとします。つい甘いものに手が伸びてパクパク食べてしまったりします( ̄▽ ̄;

ですが、これだと逆に体に負担を強いることになるので、状況を悪化させます。忙しいときほど食事に気をつかって、良いものを買って食べたり、家庭の手料理を大切にいただく方が良いのです。
(個人的には家で食べるご飯が最強だと思っています。作ってくれる妻には本当に感謝です♡)

こんな風に、落ち込んだ状態のときに、これ以上 落ち込まないような生活をすること。これが最も大切なポイントだと言えるのです。

  • そうやって、再び良いサイクルが訪れるまでをじっと待つ。
  • そして、モチベーションや行動力が高まったら、どんどん次へ進む。

こうすることで、一時的な上下はありつつも、人生全体で見ると、右肩上がりに成長や発展を遂げられるようになります。

世の中で「成功している」と言われる人たちは、良い状態を継続させるのではなく、実は落ち込んだ状態から復活するのが早くて上手と言われたりします。調子の良いときの進み方ではなく、停滞したり落ち込んだときの対処について注力しているのだそうです。

あくまで伝聞ではありますし、僕自身も実践できているわけではないので、まだまだ確証は持てないのですが、今までの自分の人生を振り返ると、きっとそうだろうと思います。

僕も今まで調子の悪いときに、「この悪い状態と何とかしよう!」と頑張って、逆に悪化させることが何度もありましたから(^^;;;

ですから、

  • 調子の悪いときこそ無理をしない
  • 調子の悪いときこそ心と体を休めることに注力する
  • 不作の年があっても翌年には沢山の実をつけるように、調子の良いタイミングはまた必ず巡ってくる
  • その調子の良いサイクルが訪れるまでは、冷静に淡々と行動する

というスタンスで過ごすことが、自分の人生を上手くいかせるポイントなのだと思います。

今日の僕は、気持ちが落ち込んだ状態になってしまいましたが、以上のことに気をつけて今日一日を大切に過ごしたいと思います。再び気持ちが上昇するサイクルを待ちながら♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!