社会

Windowsが遅い!Macとの決定的な違いとは?

WindowsとMac

新しくパソコンを買いました。

Windowsのパソコンです。

僕は農業をする傍ら、インターネット関連の仕事をさせていただいているのですが、その仕事を充実させるためにサブのパソコンとして買いました。メインのパソコンに何かあったときに備える意味が強いです。

現在のメインパソコンはMac。

今回新しくWindowsのパソコンを使ってみて、改めてその違いに気づきました。

率直な感想を言ってしまうと、「Windows遅ぇ!!」です。

でも、これを直に経験して、WindowsとMacの違いや、そこから仕事に活かせる秘訣を学ぶことができました! 今日の記事ではそれをご紹介していきます!!

WindowsとMacの決定的な違いとは?

WindowsとMacの違いとは何か? それは一体性です。

「一体性」という言葉はあまり耳慣れないかもしれません。いま僕が思いつきで書きましたから(^^;; ですので、一般的な言い方をすると「統一性」となるかと思います。

そして、ここの「一体性」や「統一性」にWindowsとMacの決定的な違いがあるのです。

ハードもソフトも自社で作るMac

現在、僕が使っているMacbookはMacの専門店で買ったのですが、その時に店員さんがこんな風に話してくれました。

「MacはハードもOSも、自社で作っているんです!」

「だから、動作も速く、快適に使っていただけるんです」

当時は「ふーん……スゲー」と思っていたのですが、今まで使ってみて その凄さを実感しています。僕がMacを購入してから2年ほどが経過していますが、動作スピードが全然遅くならないのです。

以前にWindowsを使っていた時は、年月が経過するとどんどんスピードが落ちていって、パソコンを立ち上げるごとにイライラしていたものでした。ですが、Macにはそれが無いのです。

その原因は、先ほど店員さんの言葉どおり「ハードもOSも自社で作っているから」でしょう。「ハード」というのは、パソコンの機械そのもののこと。OSというのは、パソコンの中に入っているベースとなるソフトのことですね。店員さんによれば「その他のソフトもApple社の審査を通ったものだけ」とのことでした。

つまり、ハード(機械)も、その内部に入るOSやソフトも、全てApple社の管理下に置くことで、パソコン内部の部品やソフトに一体性があり、齟齬が起きにくいのだと考えられます。そしてその結果、年月が経過してもスムーズな動作が継続するわけです。

Windowsのツギハギ感

ですが一方で、Windowsには一体性がありません。極端に言えば“ツギハギ”です。

今回、新しいパソコンを買って、そのことを実感しましたorz。

店頭で見つけてデザインが気に入ったのと、実際に触ってみてキーボードの感触が良かったのとで、自分の中ではかなり良い買い物をしたと思っていました。(それに、値段も安かったので♪)

ですが、実際に立ち上げてみてガッカリ……。

電源を入れて設定をしようとしたら「更新プログラム」なるものが動き出し、そこからずっと「準備中です」の表示が続き、何も作業ができなかったのです。かれこれ2時間くらいは足止め状態が続いたのではないかと思います。

「デザインも触り心地も良いのに、なに?このガッカリ感!!!!」

となって、部屋の中で一人イライラしていたのですが、どうしようもありません。
(あ。でも、更新プラグラムにOK出さなければ良かったのかな?)

けれど、その時に気づいたのです。

「あ。そうか……ハードとOSで作ってるメーカーが違うんだ」

……と。

今回僕が購入したのは『ASUS(エイスース)』のパソコン。台湾のメーカーです。以前、Macを買う前にもここのパソコンを使っていて、個人的にはかなり好きです。

けれど、OSである『Windows10』は、ASUSが作っているわけではありません。当然ながら、MicroSoft社が作っています。ですから、ハードとソフトの間に一体性が取れていないことが考えられるのです。

もちろん、そういった点も考慮されて製造され販売されているとは思うのですが、一番最初の立ち上げに2時間もかかった経験から、

「あー。一体性が取れていないんだなー」

「機械とソフトのメーカーが違うから、要はツギハギ状態なんだなー」

と思ってしまったわけです。

あ。でも、「Windowsがダメ」と言っているわけではないですよ! 今回のパソコンは2万円台で購入することができました♪ 一方、Macbookは20万円以上しました……。価格差にして10倍です。でも、これは

  • WindowsはハードやOSを作るのを分業して効率化させ、コストを削減させている
  • Macは一体性を取る必要があるためコストがかかり、それが値段に反映されている

と見ることができます。

ですので、買う人が何を重視するかによって、どちらが良いかは変わってくるのです。

日常の中でも一体性は重要

でも、こうやってWindowsとMacの違いを実感してみて、「これって普段の生活や仕事でも大事だなー」ということを思いました。

特に仕事に関してはそうではないでしょうか。

自分の苦手な仕事を誰かに任せる(外注する)とき、相手がどれだけ優秀なスキルを持っていても、一体性が取れていなければお客様のためにはならない可能性がある、ということです。

例えば、僕はホームページなどのサイト作成をさせていただいていますが、専門の技術者さんにお手伝いを依頼したとします。ですが、僕がお客様のご要望とかサイトのコンセプトを伝えず、その技術者さんの独断で沢山の機能をサイト内に組み込んでしまったら……? お客様のご要望が「シンプルなサイト」だった場合、その機能たちは無駄になってしまいます。むしろ逆効果です。本当はスゴイ能力を持っているのに、一体性が取れずに価値を落としてしまう結果となるわけです。

あるいは、もっと直感的な例えで言えば、ラーメンとケーキが同時に出されたような感じです。仮に、ラーメン単独ではめちゃくちゃ美味しかったとしても、ケーキもケーキで超人気店のものだったとしても、それらが同時に出てきたら萎えますよね……?

こんな風に、一体性が取れていなければ、どんなに優秀な人がいても、どれだけ卓越したスキルがあったとしても、それらが合わさると逆効果になってしまうことがあるのです。

Windowsから学ぶこと

Windowsは、まさにその典型じゃないかと思います。

「Windows」というOSそのものは素晴らしいものだし、パソコンのメーカーも先進的でスタイリッシュなものを作っている。けれど、それらが合わさると、一体性が取れずにツギハギのものになってしまう……。そんな感じを受けました。

だから、自分の普段の生活の中でも、この“一体性”を気をつけたいと思ったんですよね。

  • 誰かと仕事するとき、ちゃんと目標や理念を共有できているか?
  • 自分の知識や能力だけでなく、他者とのコミュニケーションがちゃんと取れているか?
  • 商品をつくるとき、個々の想いではなく、チームで一つのものを作れているか?

あるいは、仕事だけではなく、家庭においても

  • 夫婦で同じ方向へ向かって歩いていけているか?
  • 子どもを育てるときに、将来像や理念を共有できているか?
  • 家事や仕事の分担に関して、共通認識を取れているか?

といったように。
(あ。家事についてはコチラの記事でも触れているので、良かったらご参照ください)

もちろん、全てを共有して完璧な一体性をつくることは難しいですが(そうなると、Macのように高価にもなってしまうので)、関わる人たちに想いを馳せて、

「みんなで一つのものをつくる」

「一緒に同じ方向へ進む!」

という状態を少しでも作れたらいいと思うのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? WindowsとMacの違いから、日常や仕事に活かせるポイントをお話ししてきました。

もう一度、要点を整理すると……

  • Macはハードもソフトも自社で作っているので“一体性”がある
    →パソコンの動作が年月を経てもスムーズ
  • Windowはハードとソフトがバラバラに作られていて“ツギハギ”状態
    →パソコンの初期設定に時間がかかったり、年月が経つと遅くなったりする
  • 仕事や家庭でも“一体性”を意識することが大事
    →個々の能力を磨くのも大事だけれど、関わる人との共通認識にフォーカスする

となります。

もしあなたがこれからパソコンを買おうとしているなら、ぜひ参考にしていただきたいですし、そうでなくても日常の生活の中に取り入れていただけれ嬉しいです(^-^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

※続編書きました!

値段の安いものを買ってはいけない?
値段の安いものを買ってはいけない?購入を決断するためのポイントとは?先日、新しいパソコンを買いました。 約2万円で購入しました。 定価は3万円超のパソコンですが、楽天ショップで安く売られていた...
ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

POSTED COMMENT

  1. え? より:

    どうゆうこと?2万と20万のパソコンを比べてwinは一体性がないから遅いって事?

    おれの読み間違いでなければよ、、、それは一体性以前に値段によるスペック差じゃん。。。

    • え? さん >
      コメントありがとうございます!
      お読みいただいて、うれしいです(*^^*)

      はい! おっしゃるとおりです。
      スペック差は当然あると思います。

      ただ、2万円のWindowsと20万円のMacを「比べた」というよりも、改めてWindowsを購入して「遅さを体感した」ということになるかと思います。

      そして、正確にいうと「遅さ」というよりも、「面倒くささ」を一番に感じました。

      というのも、新しくパッケージを変えたPCが、「更新プログラム」なるものによって、2時間以上も使えなかったからです。

      この「2時間」という数字は、スペックの高いWindowsであればもっと短くてすんなりいくのでしょうが、
      「新品で楽しみにしてたのに、いきなり更新プログラムとか始めるなよ!」
      という面倒くささがあったのです。

      また、Windowsについては、以前にも使っていたパソコンがあって、そちらは8万円くらいで購入しました。
      ですが、最初はスムーズに動いていたのに、年数が経つとどんどん遅くなっていきました……。

      それに、他の人に聞いても「Windowsっていつの間にかめっちゃ遅くなるよね」ということも聞いていたので、それらも加味して「Windowsは遅い」と表現させていただきました。
       
      そしてそして……
      実は今回の記事では、「Windowsが遅くてMacが速い!」ということを言いたかったのではなく、

      • どんなことにも、一体性や統一感が大事ですよね
      • それをWindowsのパソコンに触れることをきっかけにして実感しました

      ということを表現するのが目的でした。

      極端に言うと、「最初はパソコンをネタにして、後で話題をすり替えていった」という流れを取っています。

      ですので、スペックに関することや遅さ・速さに関しては、言葉足らずだったことが否めないと思います(^^;;

      そういった意味で、え? さんのコメントは、本当におっしゃるとおりだし、このようにご指摘いただいて、とても有り難いですm(_ _)m
      ありがとうございました!

      また遊びにいらしていただけたら嬉しいです。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください