農業

大切な仕事こそ脱力が大事!農業をもっと遊ぼうと思います♪

大切な仕事こそ脱力が大事!

農業を頑張るのを辞めようと思います!

あ。でも、農業そのものを辞めるわけでも、怠けるわけでもありません。むしろその逆で、もっと良い形にするために“頑張る”のをやめようと思うのです。

以前の僕は、農業に関して

  • 自然を守るために、無農薬で頑張らないといけない
  • 生き物を大切にするために肥料は入れちゃいけない
  • お客様に喜んでもらうために、多少の無理はしないといけない
  • 次世代の子どもたちのために、命をかけて頑張らないといけない

みたいなことを考えていました。

そのおかげで、色々な勉強ができましたし、素敵なお客様にも会えました。僕の自然農法を応援してくださる人も現れてくださいました。

そうやって“頑張り”続けてきたのですが、「あれ? でも、このままだと発展がないかも……」と思い始めたのです。

確かに“頑張る”ことは必要なのですが、それだけだと限界が来るんですよね……。特に、自分自身の心と体が持たなくなる。

だから気づいたんです。「“頑張る”よりも、もっと大切なことがある」と。

それは何かというと、“楽しむ”ことです。

自然農法はミッション(使命)

ブログを訪れていただいてありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。

現在 僕は、大阪の郊外で自然農法のお米づくりをしながら、インターネット関係のお仕事をさせていただいています。そんな“二足のわらじ”状態なのですが、今はどちらかというとネット関連のお仕事がメインです。収入もそちらの方が大きいですし。

けれど、農業を軽視しているかというと、全然そういうわけではなく、自分の根っこにあるのは農業の方だと思っています。もともとネットの仕事に取り組んだのも、農業を支えるためがきっかけでしたから。

なので、自分の中で農業の活動は非常に大切であり、これからずっと取り組んでいきたいミッション(人生の使命)とも言えるものなのです。

けれど、そうやって“大切”だったり、“ミッション”だったりしたことで、自分自身を縛ってもいました……。

農業を重たく考えていた

  • 大切なことだから、一生懸命に取り組まないと!
  • 自分のミッション(使命)なんだから、全力で取り組まないと!
  • 自分に無理を強いてでも、頑張らないと!!

農業に対して、僕はこんな風に考えてしまっていました。

いえ。農業だけではないですね。自分が本気でやりたいことや、本当に大切なことがあると、真剣に取り組もうとするあまり、こんな風に重く考えてしまったり、過度に頑張ってしまうことが、今まで多々ありました。

あなたもそんなことはありませんか? “好きなこと”や“やりたいこと”であるあまり、頑張りすぎてしまう……ということが。あるいは、もともと好きで気楽にやっていたことが、お客様のいる仕事になった途端、緊張や窮屈を感じてしまったり、無理をしてしまった……ということもあるかもしれません。

僕はまさにそんな状態で、「農業が大切だ!」という想いが強いあまりに、過度に頑張りすぎたり、緊張やプレッシャーを感じて自分を苦しめてしまっていたのです。

これって実は、かなり悪い状態なんですよね……。

今まで全然上手くいかなかった

正直に申し上げると、僕は今まで農業で上手くいった試しがありません。一応、お米の販売はさせていただいていますし、購入してくださる皆さまがいらっしゃるので、何とか続けて来ることができました。

けれど、一般の農家さんに比べて生産量はすごく少ないですし、収益も微々たるものです。無農薬であることや僕の理念や姿勢に共感してくださるお客様がいてくださるので、単価は高くして販売させてもらっていますが、「農業として成功しているか?」というと全然なんです……。

というか、そもそも栽培が下手くそです(^^;;

お米は何とかかんとか育ってくれていますが、野菜の栽培となるとダメダメで……以前、研修で来てくださった指導員さんが「君は栽培がヘタだね」と呆れるほどでした。だから、自分の栽培には全然自信がありません。

ある意味、自分の農業に関してコンプレックスだらけなんです。

力が入りすぎていた

でも、自分の中では「農業は大切」という想いがあるので、そのコンプレックスを克服しようと努力します。たくさんのことを勉強して、新たな方法を取り入れたり、自分の苦手なことにもチャレンジしました。

いわゆる“頑張る”ことを沢山やって来たわけです。

けれど、それでも思うような成果が得られませんでした。お米は実ってくれても、野菜は全然できないし、そもそも土や草の管理も行き届かない……。「頑張らなきゃ!」「せめて草は綺麗にしなきゃ!」と思うのに、プレッシャーのせいで体は思うように動かずで、悪循環に陥っていました。

今から振り返ると、「なんてバカな奴なんだ!」と思うんですが、その時はそうやって“頑張る”ことが良いと思っていたんですよね。心も体も、ずっとずっと“力(りき)んだ”状態だったのです。

もっと力を抜けばいいじゃん!

けれど、昨日、今後の自分の農業について考えていたときに、ふと気づきました。

  • 今までの自分って、ずっと力が入りすぎた状態だった
  • だから、上手くいかなかったのかも?
  • 冷静に考えたら、もっと力を抜いた方がいいよね?
  • 力を抜いた方が、自分にも人のためにもなるよね?

ということに気づいたのです。

脱力こそが大事

そして、そこから昔のことを思い出しました。

僕は高校時代に合唱部に入っていたのですが、発声の基本は“体の力を抜くこと”でした。また、大学時代は声優になりたくて演技の勉強をしていたのですが、そこでも「脱力が基本!」と習いました。演技のためにはダンスや武道も有効とされていたので、そういった他ジャンルのレッスンも受けたのですが、そこでも「まずは脱力!!」と言われました。

つまり、どんなことをするにしても「力を抜くこと(脱力)こそが最重要事項」なのです。

それを思い出したときに、

  • うわ……今まで農業を頑張って来た自分で、力が入りすぎ!
  • そりゃあ、あれだけ力(りき)んでいたら、思うようにいかないよね?

ということに気づいたのでした。

大切な仕事を楽しむために

もちろん、力を抜いたからって僕の農業が上手くいくかどうかはわかりません。脱力したところで、やっぱり栽培は苦手かもしれないですし、逆にもっとひどいことになるかもしれません(^^;;

けれど、今の“頑張る”(=力の入った)状態だと、継続したくても継続できないと思ったんですよね。ずっと無理ばかりしていたら、自分の心も体も持たなくなります。

であるならば、力を抜いてリラックスして、自分が気持ちよく継続できる状態を作ろうと思ったのです。

楽しさは脱力から生まれる

そして何よりも、力を抜くことで“楽しくなる”と思いました。

今までの僕は、「農業は大切だ!」と思うあまりに“楽しさ”を忘れていました。土に触れる喜びや作物が育ってくれる有り難さを、いつの間にか感じなくなってしまっていたのです。

力を入れるあまりに、心が不感症になっていたのかもしれません。

これでは、どれだけ大切な仕事でも、やればやるだけ苦しくなります。継続ができないですし、何よりも関わってくださるお客さんにも上手く喜びを届けられなくなります。

だから、大切な仕事だからこそ楽しみたいのです。そして、楽しむためには“力を抜くこと”が前提になるのです。

だから僕は、農業を頑張らないことを決めました。

農業が大切な仕事だからこそ、「もっと遊ぼう!」と思ったんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自分の恥ずかしい経験や状況までお話ししてしまいましたが、少しでもご参考になるところがあれば幸いです。

今回の要点は非常にシンプルで……

  • 何事も脱力が基本
    (力を抜く方が、本来の自分の能力を発揮できる)
  • 大切な仕事こそ、余計な力を抜こう!
  • 力を抜いて楽しんで継続しよう!

ということになります。

自分が“ミッション”(人生の使命)と思えることこそ、力を抜いて楽しんでいけるといいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!